芭蕉道への旅 [単行本]

販売休止中です

    • 芭蕉道への旅 [単行本]

    • ¥1,62049ポイント(3%還元)
100000009001531456

芭蕉道への旅 [単行本]

価格:¥1,620(税込)
ポイント:49ポイント(3%還元)(¥49相当)
日本全国配達料金無料
出版社:角川学芸出版
販売開始日:2010/04/22
ご確認事項:返品不可

芭蕉道への旅 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「おくのほそ道」は芭蕉が心血をそそぎ、推敲に推敲を重ねた文学的達成とされている。おもえば芭蕉は終着駅のない途上の旅人であった。むすびの地は新たな旅立ちの地でもあった。―四季に分けて芭蕉の足跡を辿った作家・森村誠一。その道を“国民俳道”と位置づけ、芭蕉道という概念を創出した。現代の旅人が集い、芭蕉とその門人たちの俳句が読み継がれ、また新たなる一句が生まれていく道。その躍動と感動を一冊に篭めた、まったく新しい「おくのほそ道」水先案内。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    特別企画 森村誠一&おくのほそ道再生委員会提唱「おくのほそ道」名蕉地一〇〇選―現代俳人一〇〇句競詠
    一挙書き下ろし(「おくのほそ道」全文現代語訳(森村誠一)
    一句(角川春樹))
    研究(芭蕉の係累を探る(田中善信)
    敦賀への道(金森敦子))
    エッセイ(松尾芭蕉について(車谷長吉)
    芭蕉の登山(高橋政光)
    芭蕉(バナナ)ノート(浅井愼平)
    松島の芭蕉(中西進)
    芭蕉のイメージを変えた田中優子と嵐山光三郎(佐高信))
    特別対談 旅とクオリア―パラレルワールド―もうひとつの「おくのほそ道」(黛まどか・茂木健一郎)
    読者企画 みんなの写真俳句優秀作品発表(選考委員=板見浩史・大高翔・中谷吉隆・坊城俊樹・森村誠一)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    森村 誠一(モリムラ セイイチ)
    1933年埼玉県生まれ。69年、『高層の死角』で第15回江戸川乱歩賞を受賞。『腐蝕の構造』(日本推理作家協会賞)他、企業の不条理や人事の軋轢等で呻吟するサラリーマンの生態を鋭くえぐり推理小説として構成、多くの読者を魅了し、さらに時代小説にも作風を広げている。04年第7回日本ミステリー文学大賞受賞。05年『森村誠一の写真俳句のすすめ』により、写真俳句ブームを巻き起こした

芭蕉道への旅 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:角川学芸出版
著者名:森村 誠一(監修)
発行年月日:2010/04/20
ISBN-10:4046214228
ISBN-13:9784046214225
判型:A5
発売社名:角川グループパブリッシング
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:199ページ
縦:21cm

    角川学芸出版 芭蕉道への旅 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!