教養として知っておきたい日本語(幻冬舎文庫) [文庫]

販売休止中です

    • 教養として知っておきたい日本語(幻冬舎文庫) [文庫]

    • ¥66040ポイント(6%還元)
100000009001539656

教養として知っておきたい日本語(幻冬舎文庫) [文庫]

価格:¥660(税込)
ポイント:40ポイント(6%還元)(¥40相当)
日本全国配達料金無料
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2004/09/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

教養として知っておきたい日本語(幻冬舎文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「表向き」―裏向きもあるのか?「色紙」―白いのに「色」紙?「機嫌」―よくても「嫌」なのか?「けしかける」―「けし」って何?「三日坊主」―「二日坊主」はいないのか?職場や家庭で何気なく使っている日本語の裏には、先人の知恵が眠っている。314の語源を通して日本の歴史・文化・自然・暮らしが味わえる一冊。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 「首っぴき」「あみだくじ」―文化の香り漂わす日本語
    第2章 「てるてる坊主」「おかんむり」―しきたりが生んだ日本語
    第3章 「槍玉に上げる」「縦割り」―歴史から生まれた日本語
    第4章 「あかんべえ」「ちちんぷいぷい」―どこかユーモアのある日本語
    第5章 「鼻にかける」「ひとりぼっち」―感情のこめられた日本語
    第6章 「おたんこなす」「真っ赤なウソ」―毒のある日本語
    第7章 「たちまち」「瓜二つ」―自然を楽しむ日本語
    第8章 「くす玉」「しがらみ」―職人の心が息づく日本語
    第9章 「明太子」「おがくず」―暮らしを彩る日本語
    第10章 「たかをくくる」「もったいない」―商いとお金にまつわる日本語
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    柴田 武(シバタ タケシ)
    1918年名古屋市生まれ。東京大学文学部卒。現在、東京大学名誉教授。長期にわたり、NHKテレビ『日本語再発見』に出演。85年、NHK放送文化賞を受賞

教養として知っておきたい日本語(幻冬舎文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:柴田 武(著)
発行年月日:2004/09/10
ISBN-10:4344405676
ISBN-13:9784344405677
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:375ページ
縦:16cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 教養として知っておきたい日本語(幻冬舎文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!