大都市圏の拡大と地域変動―神奈川県横須賀市の事例(慶応義塾大学法学研究会叢書〈47〉)

販売休止中です

    • 大都市圏の拡大と地域変動―神奈川県横須賀市の事例(慶応義塾大学法学研究会叢書〈47〉)

    • ¥9,185276ポイント(3%還元)
100000009001546820

大都市圏の拡大と地域変動―神奈川県横須賀市の事例(慶応義塾大学法学研究会叢書〈47〉)

価格:¥9,185(税込)
ポイント:276ポイント(3%還元)(¥276相当)
日本全国配達料金無料
出版社:慶応義塾大学出版会
販売開始日:1989/02/01
ご確認事項:返品不可

大都市圏の拡大と地域変動―神奈川県横須賀市の事例(慶応義塾大学法学研究会叢書〈47〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書を貫く基本的問題意識は、戦後日本社会の変動が地域社会の社会構造のなかにいかなる形をとって現れているか、を実証的に解明しようというところにある。こうした問題意識を抱いて、東京大都市圏の一部に属する神奈川県横須賀市を調査事例として行なった研究の成果が本書である。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 地域分析と地域構成の探究(地域社会研究と地域分析の方法
    神奈川県の地域構成
    横須賀の地域構成
    地域構成の探究と社会構造の分析)
    第2部 定着と離脱(町内会と町内社会
    大都市近郊における定着と離脱の布置状況
    社会参加と地域社会への定着
    集団間ネットワークによる地域社会研究
    定着化の規定要因)
    付論 近郊農村地帯における都市化と社会変動―農家の都市化対応を中心とした基礎的考察
    資料 地域生活に関する世論調査

大都市圏の拡大と地域変動―神奈川県横須賀市の事例(慶応義塾大学法学研究会叢書〈47〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:慶應義塾大学法学研究会
著者名:十時 巌周(編著)
発行年月日:1989/02/01
ISBN-10:4766404076
ISBN-13:9784766404074
判型:A5
発売社名:慶応通信
ページ数:396ページ
縦:22cm

    慶応義塾大学出版会 大都市圏の拡大と地域変動―神奈川県横須賀市の事例(慶応義塾大学法学研究会叢書〈47〉) に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!