数学通論 改訂版 [単行本]

販売休止中です

    • 数学通論 改訂版 [単行本]

    • ¥3,30099ポイント(3%還元)
100000009001556221

数学通論 改訂版 [単行本]

価格:¥3,300(税込)
ポイント:99ポイント(3%還元)(¥99相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:裳華房
販売開始日: 1978/02/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

数学通論 改訂版 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    1.ベクトル
     1.1 ベクトル
     1.2 ベクトルの計算法則
     1.3 ベクトルの1次従属性と1次独立性
     1.4 ベクトルの成分
     1.5 ベクトルの内積
     1.6 ベクトルの外積
     1.7 3重積
     1.8 解析幾何学への応用

    2.行列
     2.1 行列
     2.2 行列の加法と減法,数と行列の積
     2.3 行列と行列の乗法
     2.4 正則行列
     2.5 連立1次方程式
     2.6 逆行列

    3.行列式
     3.1 一般の行列式
     3.2 連立1次方程式
     3.3 行列式の積

    4.微分学
     4.1 関数
     4.2 関数の極限
     4.3 関数の連続性
     4.4 2つの極限の例
     4.5 導関数
     4.6 重要な諸定理
     4.7 関数の増減と極大極小
     4.8 不定形の極限値
     4.9 偏導関数

    5.積分学
     5.1 不定積分
     5.2 定積分
     5.3 定積分と不定積分
     5.4 定積分の応用

    6.微分方程式
     6.1 微分方程式
     6.2 1階常微分方程式
     6.3 定数係数の線形2階微分方程式
  • 内容紹介

     大学の非理工系を対象にした、1、2年向け教科書を目的に編まれたものである。
     主題としては、線形代数の大要とその解析幾何への応用、微分積分学の思想とその応用としての微分方程式である。高等学校との重複をできるだけ避けた内容とした。
     姉妹書に、命題や集合、確率、ゲームの理論などを題材にした『教養の数学』がある。
  • 著者について

    矢野 健太郎 (ヤノ ケンタロウ)
    東京工業大学名誉教授、理学博士。1912年 東京都出身。東京大学理学部卒業。東京大学講師・助教授、プリンストン高等研究所研究員、東京工業大学教授などを歴任。1993年逝去。専門は微分幾何学。主な著書・訳書に『科学技術者のための基礎数学(新版)』『新装版 解析学概論』『基礎解析学(改訂版)』『代数学と幾何学』『平面解析幾何学』『立体解析幾何学』(以上 裳華房)、『リーマン幾何学入門』(森北出版)、『リーマン幾何とその応用』(翻訳、共立出版)などがある。

数学通論 改訂版 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:裳華房
著者名:矢野 健太郎(著)
発行年月日:1978/02
ISBN-10:4785310081
ISBN-13:9784785310080
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:数学
言語:日本語
ページ数:223ページ
縦:22cm
他の裳華房の書籍を探す

    裳華房 数学通論 改訂版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!