刑事訴訟法の変動と憲法的思考 [単行本]

販売休止中です

    • 刑事訴訟法の変動と憲法的思考 [単行本]

    • ¥7,700231ポイント(3%還元)
100000009001560092

刑事訴訟法の変動と憲法的思考 [単行本]

価格:¥7,700(税込)
ポイント:231ポイント(3%還元)(¥231相当)
日本全国配達料金無料
出版社:日本評論社
販売開始日:2006/12/11
ご確認事項:返品不可

刑事訴訟法の変動と憲法的思考 [単行本] の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    改憲の動きと人権抑圧
    第1篇 現代治安政策と刑事訴訟法の変動(現代治安政策と盗聴法―盗聴立法過程の特異性とその背景
    少年審判への検察官関与論再批判―少年法改正法案(一九九九年)の問題点と本質
    刑事法制の変動と憲法的近代刑事原則
    市民の安全要求と人間的・社会的連帯の回復―監視社会と刑事法
    裁判員制度の批判的考察
    司法改革の歴史的位相と本質
    裁判員制度と民主主義刑事法学の課題―講演と討論)
    第2篇 刑事訴訟法学における憲法的思考の一軌跡(インタビュー 刑事司法改革の鍵をどう発見するか―著書『現代司法と刑事訴訟の改革課題』を素材として
    座談会 小田中刑訴法学の軌跡―一九九八年六月二一日東北大学法学部大会議室に於いて
    現代刑事訴訟法学における憲法的思考の後退と復権―東北大学定年退官記念講義)
    刑事訴訟法の変動と憲法的思考―専修大学最終講義
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小田中 聰樹(オダナカ トシキ)
    1935年盛岡生まれ。1958年東京大学経済学部卒業。1964年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了。1966年第18期司法研修所修了。東京都立大学(1966~76年)、東北大学(1976~99年)、専修大学(1999~2006年)にて研究・教育に携わる。法学博士(東京大学)。東北大学名誉教授

刑事訴訟法の変動と憲法的思考 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本評論社
著者名:小田中 聰樹(著)
発行年月日:2006/12/15
ISBN-10:4535515220
ISBN-13:9784535515222
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:法律
ページ数:427ページ
縦:22cm

    日本評論社 刑事訴訟法の変動と憲法的思考 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!