「華人性」の民族誌―体制転換期インドネシアの地方都市のフィールドから [単行本]

販売休止中です

    • 「華人性」の民族誌―体制転換期インドネシアの地方都市のフィールドから [単行本]

    • ¥5,720172ポイント(3%還元)
100000009001577257

「華人性」の民族誌―体制転換期インドネシアの地方都市のフィールドから [単行本]

価格:¥5,720(税込)
ポイント:172ポイント(3%還元)(¥172相当)
日本全国配達料金無料
出版社:教学社
販売開始日:2011/02/16
ご確認事項:返品不可

「華人性」の民族誌―体制転換期インドネシアの地方都市のフィールドから の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    スハルト体制の崩壊前後で、インドネシア華人をとりまく状況はどう変わったか。かれらと日常をともにした著者が豊富な事例をもとに描きだす、大転換期の諸相。従来のエスニシティ論にインパクトを与え、東南アジア理解に欠かせぬ華人研究の重要な礎石となる一冊。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 序論―「華人」、「華人性」、「華人コミュニティ」(ペン・フワあるいはエフェンディ・ワルダナ
    民族誌の舞台―ルンバンの町の「華人コミュニティ」)
    第2部 「クレンテン」か「ヴィハラ」か?―スハルト体制末期の宗教・対華人政策と「華人コミュニティ」(インドネシアの仏教との寺廟―「インドネシア化」の二つのベクトル
    ルンバンの寺廟の地位変更過程「クレンテン」から「ヴィハラ」へ
    「ヴィハラ」から「クレンテン」へ ほか)
    第3部 「影の華人組織」の成立と消滅―体制転換期の危機管理「ネットワーク」と想像される「コミュニティ」(クラガンの暴動
    ルンバンへの危機波及と「チナ事業者」の招集 ほか)
    第4部 「華人国家英雄」の誕生?―ポスト・スハルト期の「華人性」をめぐるダイナミズム(国家英雄制度
    『ラセム史話』と陳黄弐先生 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    津田 浩司(ツダ コウジ)
    1976年広島県に生まれる。1999年東京大学教養学部卒業。2008年東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。日本学術振興会特別研究員PDを経て、2010年より東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助教。専門は文化人類学、特にインドネシアの華人社会研究。論文に「中国寺院か仏教寺院か?―スハルト体制下インドネシアの交渉される華人性」(第1回日本華僑華人学会研究奨励賞受賞)などがある

「華人性」の民族誌―体制転換期インドネシアの地方都市のフィールドから の商品スペック

商品仕様
出版社名:世界思想社 ※出版地:京都
著者名:津田 浩司(著)
発行年月日:2011/02/20
ISBN-10:4790714977
ISBN-13:9784790714972
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:民族・風習
ページ数:373ページ
縦:22cm

    教学社 「華人性」の民族誌―体制転換期インドネシアの地方都市のフィールドから [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!