「まち育て」を育む―対話と協働のデザイン オンデマンド版 [単行本]

販売休止中です

    • 「まち育て」を育む―対話と協働のデザイン オンデマンド版 [単行本]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
100000009001611863

「まち育て」を育む―対話と協働のデザイン オンデマンド版 [単行本]

価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
日本全国配達料金無料
出版社:東京大学
販売開始日:2010/07/07
ご確認事項:返品不可

「まち育て」を育む―対話と協働のデザイン オンデマンド版 の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 タンケン、ハッケン、ホットケン!―子ども・環境・まち育ての「方法」(「環境世界子ども劇場」の提唱―創造的まち育てへ向けて
    「環境遊び行動」による「共振型」まち育て
    子どもの感性を高める環境デザイン)
    2 「まちづくり」から「まち育て」へ―実践の「作法」の変化(住環境へのしなやかな感受性―ホタルにちなむ住まい・まちづくり
    市民参加の「まち育て」の価値尺度「わくわく&リーズナブル」の実現)
    3 高齢者の安心居場所のデザイン―老いの価値を生かす「まち育て」(「縁起の場所」としての「駒どりの家」
    「老いの価値」を地域に還元するまち育て―神戸市真野地区に学ぶ
    高齢社会における住まい方の創造―コレクティブ・ハウジングの可能性をさぐる)
    4 コミュニティ・ハウジングの創造―家としての「まち」、町としての「いえ」(コミュニティ・ハウジングへ向けて―地域からの内発的住まいづくり
    家としての「まち」、町としての「いえ」―ロンドンのコベント・ガーデンとオダム・プロジェクト)
    5 対話と協働をデザインする―専門家・行政の「方向」感覚(創発の生活空間計画
    「魔法の杖」としてのワークショップ―主体が戯れつつ自律と連帯により住環境をデザインする ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    延藤 安弘(エンドウ ヤスヒロ)
    1940年大阪生まれ。北海道大学卒業、京都大学大学院修了。工学博士。京都大学助手、熊本大学教授、名城大学教授を経て、1997年より千葉大学工学部都市環境システム学科教授。千葉まちづくりサポートセンター(NPO)代表。「コミュニティを生成するハウジングに関する一連の研究」で1990年日本建築学会賞受賞、「もやい住宅Mポート」で1995年日本建築学会作品奨励賞受賞。『「まち育て」を育む―対話と協働のデザイン』で2001年度日本都市計画学会石川賞受賞

「まち育て」を育む―対話と協働のデザイン オンデマンド版 の商品スペック

商品仕様
出版社名:東京大学出版会
著者名:延藤 安弘(著)
発行年月日:2010/07/07
ISBN-10:413009050X
ISBN-13:9784130090506
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:土木
ページ数:282ページ ※276,6p
縦:21cm

    東京大学 「まち育て」を育む―対話と協働のデザイン オンデマンド版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!