最終退行(小学館文庫) [文庫]
    • 最終退行(小学館文庫) [文庫]

    • ¥72222ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月21日月曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001612288

最終退行(小学館文庫) [文庫]

価格:¥722(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月21日月曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日:2007/05/10
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 68108位

最終退行(小学館文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    都市銀行の中でも「負け組」といわれる東京第一銀行の副支店長・蓮沼鶏二は、締め付けを図る本部と、不況に苦しむ取引先や現場行員との板挟みに遭っていた。一方、かつての頭取はバブル期の放漫経営の責任をもとらず会長として院政を敷き、なおも私腹を肥やそうとしている。リストラされた行員が意趣返しに罠を仕掛けるが、蓮沼はその攻防から大がかりな不正の匂いをかぎつけ、ついに反旗を翻す。日本型金融システムの崩壊を背景に、サラリーマン社会の構造的欠陥を浮き彫りにする長編ミステリー。
  • 内容紹介

    「負け組」と言われる東京第一銀行の副支店長・蓮沼鶏二は、締め付けを図る本部と、不況に苦しむ取引先や現場行員との板挟みに遭っていた。一方、バブル期の経営責任もとらず、公的資金に頼りながら、なおも会長として院政を敷く元頭取を陥れようと策謀を巡らすリストラに遭った行員。その攻防から銀行ぐるみの不正の匂いをかぎつけた副支店長は、組織に反旗を翻す。攻守ところを変えるスリリングなドラマから現代サラリーマン社会の構造的欠陥を浮き彫りにする。

    図書館選書
    現場銀行員による腐敗幹部との誇り高き闘い
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    池井戸 潤(イケイド ジュン)
    1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒業後、旧三菱銀行入行。95年にビジネスコンサルタントとして独立。数々のビジネス書を執筆する傍らミステリーも執筆。98年『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞受賞

最終退行(小学館文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:池井戸 潤(著)
発行年月日:2007/05/15
ISBN-10:4094081666
ISBN-13:9784094081664
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:505ページ
縦:15cm

    小学館 最終退行(小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!