あなたが病院で「殺される」しくみ―システムとしての医療過誤 [単行本]
    • あなたが病院で「殺される」しくみ―システムとしての医療過誤 [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001617756

あなたが病院で「殺される」しくみ―システムとしての医療過誤 [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:その他
販売開始日:2002/01/24
ご確認事項:返品不可

あなたが病院で「殺される」しくみ―システムとしての医療過誤 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    続出する医療過誤の根元に何があるのか。「殺されない」ために患者に何ができるか。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 医療過誤の現場から(乳房の左右を取り違えて全切除(新潟県立がんセンター新潟病院)
    患者を取り違えて心臓と肺を逆に手術(横浜市立大学医学部附属病院)
    エタノールを人工呼吸器に誤混入して死亡(京都大学医学部附属病院))
    第2部 医療過誤を生み出すシステム(権力装置としての「大学医局」
    なぜ、医療過誤は繰り返されるのか)
    第3部 医療過誤を再生産する「日本」というシステム(医療保険制度が病院を“悪く”する
    「患者の人権」は視野にない医師会
    「日本的医療」のカベは厚い
    病院で「殺されない」ためにどうすればいいか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    古川 利明(フルカワ トシアキ)
    1965年、新潟県生まれ。1988年3月、慶応義塾大学文学部(仏文学専攻)卒業。同年4月、毎日新聞社入社。大阪本社社会部、高知支局、姫路支局、大阪本社社会部(東京本社政治部、高槻駐在)を経て、1994年8月退社。1996年1月、東京新聞(中日新聞東京本社)入社。首都圏部「TOKYO発」取材班を経て、1997年7月退社。現在、フリージャーナリスト

あなたが病院で「殺される」しくみ―システムとしての医療過誤 の商品スペック

商品仕様
出版社名:第三書館
著者名:古川 利明(著)
発行年月日:2002/01/25
ISBN-10:4807402013
ISBN-13:9784807402014
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:372ページ
縦:20cm

    その他 あなたが病院で「殺される」しくみ―システムとしての医療過誤 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!