行政訴訟要件論―包括的・実効的行政救済のための解釈論(行政法研究双書) [全集叢書]

販売休止中です

    • 行政訴訟要件論―包括的・実効的行政救済のための解釈論(行政法研究双書) [全集叢書]

    • ¥6,820205ポイント(3%還元)
100000009001620624

行政訴訟要件論―包括的・実効的行政救済のための解釈論(行政法研究双書) [全集叢書]

価格:¥6,820(税込)
ポイント:205ポイント(3%還元)(¥205相当)
日本全国配達料金無料
出版社:弘文堂
販売開始日:2003/06/28
ご確認事項:返品不可

行政訴訟要件論―包括的・実効的行政救済のための解釈論(行政法研究双書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    機能不全に陥っている行政訴訟を活性化させるべく、判例を素材に、その裏にある裁判官等の発想にまで鋭く切り込み、裁判を受ける権利の包括的かつ実効性の観点から行政事件訴訟法を解釈することの重要性を説く。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 門前払いなく、実効的な司法審査を求めて(裁判を受ける権利の実効性の観点から見た行政訴訟の解釈
    原告適格判例理論の再検討と緩和された「法律上保護された利益説」の提唱―第三者保護規範の新解釈
    行政事件訴訟法第一〇条第一項の解釈
    行政上の義務の民事執行―宝塚市パチンコ店等条例事件最高裁二〇〇二年七月九日判決批判 ほか)
    第2部 当事者訴訟不要論(公法上の当事者訴訟の蘇生?
    公法上の当事者訴訟のあり方―法律・判例の不合理性の挟間で解釈学はどう対処すべきか
    公法上の実質的当事者訴訟と予防接種禍訴訟
    形式的当事者訴訟制度の検討―土地収用法一三三条の定める損失補償請求について)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    阿部 泰隆(アベ ヤスタカ)
    1942年福島市に生まれる。福島県立福島高校卒業、東京大学法学部卒業・同学部助手、神戸大学法学部助教授、同大学大学院法学研究科教授。法学博士、ドイツ・トリア大学客員教授(1993年)。日本公法学会、租税法学会、日本環境会議、環境法政策学会、自治学会、法と経済学会の各理事

行政訴訟要件論―包括的・実効的行政救済のための解釈論(行政法研究双書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:弘文堂
著者名:阿部 泰隆(著)
発行年月日:2003/07/15
ISBN-10:4335312040
ISBN-13:9784335312045
判型:A5
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:法律
ページ数:350ページ ※348,2P
縦:22cm

    弘文堂 行政訴訟要件論―包括的・実効的行政救済のための解釈論(行政法研究双書) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!