子宮は一つ、子宮がんは二つ―子宮体がん手術と抗がん剤治療を終えて [単行本]

販売休止中です

    • 子宮は一つ、子宮がんは二つ―子宮体がん手術と抗がん剤治療を終えて [単行本]

    • ¥1,29639ポイント(3%還元)
100000009001627085

子宮は一つ、子宮がんは二つ―子宮体がん手術と抗がん剤治療を終えて [単行本]

価格:¥1,296(税込)
ポイント:39ポイント(3%還元)(¥39相当)
日本全国配達料金無料
出版社:文芸社
販売開始日:2002/07/15
ご確認事項:返品不可

子宮は一つ、子宮がんは二つ―子宮体がん手術と抗がん剤治療を終えて の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「残念ながら99%がんです」年に一度の人間ドックを欠かさず、子宮ガン検診でも「異常なし」で安心していたのに、なぜ?体がんで手術を受けた著者が女性たちに贈る体験記。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    「癌」から「がん」へ
    がん細胞はネズミ算的に増殖
    子宮は一つ、子宮がんは二つ
    治療法のいろいろ
    どのようにしてがんは発見されたか
    入院までの慌ただしさ
    入院から手術まで
    手術
    術後一週間
    術後二週目〔ほか〕
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    堺 典子(サカイ ノリコ)
    日本女子大学文学部英文学科卒業。コロラド大学大学院にて米文学および人類学を学ぶ。中学、高校教諭の後、(財)国際教育振興会日米会話学院日本語科講師を経て、(財)ラボ国際交流センターラボ日本語教育研修所講師

子宮は一つ、子宮がんは二つ―子宮体がん手術と抗がん剤治療を終えて の商品スペック

商品仕様
出版社名:文芸社
著者名:堺 典子(著)
発行年月日:2002/07/15
ISBN-10:4835540905
ISBN-13:9784835540900
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:170ページ
縦:19cm

    文芸社 子宮は一つ、子宮がんは二つ―子宮体がん手術と抗がん剤治療を終えて [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!