「論語」を生かす私の方法―渋沢栄一『論語講義』 [単行本]

販売休止中です

    • 「論語」を生かす私の方法―渋沢栄一『論語講義』 [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
100000009001627769

「論語」を生かす私の方法―渋沢栄一『論語講義』 [単行本]

渋沢 栄一(著)齋藤 孝(訳・責任編集)
価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
日本全国配達料金無料
出版社:イースト・プレス
販売開始日:2010/04/19
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 826291位

「論語」を生かす私の方法―渋沢栄一『論語講義』 [単行本] の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    学而編―夜寝る前に、ちょっとだけ「一日の総点検」
    為政編―「底の知れない力」を持っている人
    八〓(いつ)編―どっちに転んでも最高に「ありがたい」こと
    里仁編―何事にも「ブレ」ない
    公冶長編―海のように深く、山のように動かず
    雍也編―始める前から降りるな!
    述而編
    食うのを忘れるほどの「楽しみ」
    泰伯編―人間として「一身を擲つ」とき
    子罕編―生きている限り「未来」がある
    先進編―人間はここまで大きくなれる〔ほか〕
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    渋沢 栄一(シブサワ エイイチ)
    現在の埼玉県深谷市の豪農に生まれる。明治~大正初期の実業家。日本の資本主義の“産みの親”として、日本の基幹産業500社の設立に尽力した巨人。幕末の動乱期には尊王攘夷論に傾倒したが、のちに一橋慶喜に仕え、欧州視察を契機に日本の将来を憂慮、以降日本国家の繁栄に一身を投じる。また渋沢は幼少期より『論語』の手ほどきを受け、「『論語』で事業を経営してみせる」と言い切ったほど、『論語』を日常の生活と経営の基盤にしていた

    齋藤 孝(サイトウ タカシ)
    1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程などを経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。ベストセラーになった『声に出して読みたい日本語』(草思社、毎日出版文化賞特別賞受賞)をはじめ、著書多数

「論語」を生かす私の方法―渋沢栄一『論語講義』 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:イースト・プレス
著者名:渋沢 栄一(著)/齋藤 孝(訳・責任編集)
発行年月日:2010/04/28
ISBN-10:4781603432
ISBN-13:9784781603438
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国文学その他
ページ数:534ページ
縦:20cm

    イースト・プレス 「論語」を生かす私の方法―渋沢栄一『論語講義』 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!