胎内記憶―命の起源にトラウマが潜んでいる(角川SSC新書) [新書]

販売休止中です

    • 胎内記憶―命の起源にトラウマが潜んでいる(角川SSC新書) [新書]

    • ¥85826ポイント(3%還元)
100000009001636115

胎内記憶―命の起源にトラウマが潜んでいる(角川SSC新書) [新書]

価格:¥858(税込)
ポイント:26ポイント(3%還元)(¥26相当)
日本全国配達料金無料
出版社:角川・エス・エス・コミュニケーションズ
販売開始日:2008/07/10
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 674135位

胎内記憶―命の起源にトラウマが潜んでいる(角川SSC新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    今ある喜びも苦しみも、生きにくさも、すべては胎内から始まっている―。従来、知覚が未熟で何もわかっていない存在と考えられてきた胎児は、近年の研究によって、胎内ですでに触覚・聴覚・嗅覚などの五感が機能し、知覚も意思もあることが知られるようになってきた。そして、母親の胎内にいたときの環境格差がバーストラウマとなって、その後の人生に多大な影響を与えているという。胎内記憶を語る大勢の子どもたちの驚くべき証言を手がかりに、トラウマの連鎖を断ち切るための家庭や社会のあり方を考える。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 胎児に意識はあるのか(子どもたちは覚えている
    さまざまな「出生前後の記憶」 ほか)
    第2章 出生前後の記憶の実態(胎内記憶の調査
    大規模調査の概要 ほか)
    第3章 出生前後の記憶の具体例(胎内記憶(胎芽から誕生の直前までの記憶)
    誕生記憶(誕生(出生)時の記憶) ほか)
    第4章 胎内記憶を活かす分娩と育児(母子の絆を育む環境づくり
    父親のサポート ほか)
    終章 子どもたちの笑顔のために(よりよい分娩を求めて
    バーストラウマの実態 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    池川 明(イケガワ アキラ)
    1954年、東京都生まれ。池川クリニック院長、医学博士。帝京大学医学部大学院卒、上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、池川クリニックを開設。胎内記憶の研究の第一人者として知られ、母と子の立場に立ったお産と医療をめざしている。著書『子どもは親を選んで生まれてくる』(日本教文社)は日本文芸アカデミー賞ゴールド賞を受賞

胎内記憶―命の起源にトラウマが潜んでいる(角川SSC新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:角川SSコミュニケーションズ
著者名:池川 明(著)
発行年月日:2008/07/25
ISBN-10:4827550417
ISBN-13:9784827550412
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:203ページ
縦:18cm

    角川・エス・エス・コミュニケーションズ 胎内記憶―命の起源にトラウマが潜んでいる(角川SSC新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!