幼獣マメシバ〈上〉無職でニート、おまけに中年で何が悪い?の巻(竹書房文庫) [文庫]

販売休止中です

    • 幼獣マメシバ〈上〉無職でニート、おまけに中年で何が悪い?の巻(竹書房文庫) [文庫]

    • ¥71243ポイント(6%還元)
100000009001636200

幼獣マメシバ〈上〉無職でニート、おまけに中年で何が悪い?の巻(竹書房文庫) [文庫]

永森 裕二(原案・脚本)柳 雪花(著)
価格:¥712(税込)
ポイント:43ポイント(6%還元)(¥43相当)
日本全国配達料金無料
出版社:竹書房
販売開始日: 2009/05/22
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

幼獣マメシバ〈上〉無職でニート、おまけに中年で何が悪い?の巻(竹書房文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    芝二郎―35歳にして無職。土地持ちの家に生まれたのをいい事に、心優しき両親の庇護の下、ぬくぬくと生活していた。二郎の行動範囲はきわめて狭く、住む町の県道から先に出た事がなかった。その距離たった3キロ四方。それが二郎にとってのテリトリーで、まったく不満なく今まで生きてきた。だが、ある日、父・良男が突然亡くなってしまう。残された母・鞠子と共に、このまま以前と変わらぬ生活を二郎は続けられると思っていた。しかし数日後、鞠子は何も告げずに家出する。生まれたばかりの豆柴犬「一郎」を残して…。子犬との2人暮らし(?)なんて考えられない二郎は途方に暮れていると、一郎の首輪に赤いお守りが付いているのに気付く。その中には、謎めいたヒントらしきものが書かれていた。二郎は察する。これは「母を訪ねて」旅をせよというメッセージなんだと。かくして、二郎は、愛犬一郎を連れて、生まれて初めて県道を越えようとしていた…。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    永森 裕二(ナガモリ ユウジ)
    1968年愛知県出身。AMGエンタテインメントにて邦画製作担当プロデューサーとして現在までに映画・テレビの製作・原案・脚本を30作以上手がける

    柳 雪花(ヤナギ セッカ)
    1982年千葉県出身。短大卒業、OA機器会社を退職後、アミューズメントメディア総合学院ノベルス科に入学。『幼獣マメシバ』で小説家デビューとなる

幼獣マメシバ〈上〉無職でニート、おまけに中年で何が悪い?の巻(竹書房文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:永森 裕二(原案・脚本)/柳 雪花(著)
発行年月日:2009/05/29
ISBN-10:4812438454
ISBN-13:9784812438459
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:演劇・映画
ページ数:256ページ
縦:15cm
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 幼獣マメシバ〈上〉無職でニート、おまけに中年で何が悪い?の巻(竹書房文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!