中国軍事大国の原点―[トウ]小平軍事改革の研究 [全集叢書]
    • 中国軍事大国の原点―[トウ]小平軍事改革の研究 [全集叢書]

    • ¥5,720172ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001644469

中国軍事大国の原点―[トウ]小平軍事改革の研究 [全集叢書]

価格:¥5,720(税込)
ポイント:172ポイント(3%還元)(¥172相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:地方・小出版流通センター
販売開始日:2012/03/30
ご確認事項:返品不可

中国軍事大国の原点―[トウ]小平軍事改革の研究 の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    中国の軍事改革研究の背景と問題
    第1部 革命軍から国防軍への脱皮―毛沢東の軍隊からの決別(解放軍の建軍の経緯と毛沢東の軍隊
    人民戦争戦略の実態と「毛沢東の軍隊」の課題
    建国後の対外戦略の展開と中越戦争の教訓
    トウ小平復権と総合的な軍事改革の推進)
    第2部 国防戦略の確立と近代化に応じた軍種戦略―1980年代を中心に(戦争観の転換と「現代条件下の積極防御戦略」の確立
    核戦力の開発と「最小限核抑止戦略」
    100万人兵力削減と「戦区戦略の模索」
    近代海軍の建設と「近海防衛戦略」の誕生
    空軍の戦略軍化と「攻防兼備防空戦略」の萌芽)
    第3部 トウ小平主導の国防近代化政策と残された課題(軍の編成・制度の改革と国防軍化の課題
    国防大学の創設など軍人の教育訓練の近代化と人的戦力の課題
    兵器・装備の近代化と残された課題―新兵器開発・製造の基盤と兵器の輸出入
    中国の国防費の制御と生産活動にかかわるジレンマ
    中国における党軍関係の改革と残された課題)
    1980年代の軍事改革の今日的な意義と残された課題
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    茅原 郁生(カヤハラ イクオ)
    1938年生まれ。1962年防衛大学校卒業。陸上自衛隊で連隊長、師団幕僚長など歴任(元陸将補)、外務省中国課出向、英ロンドン大学客員研究員、防衛研究所研究室長、同研究部長を経て1999年から拓殖大学国際学部教授(専攻は中国政治・軍事、アジアの安全保障問題)、2009年定年退職。現在同大学名誉教授

中国軍事大国の原点―[トウ]小平軍事改革の研究 の商品スペック

商品仕様
出版社名:蒼蒼社 ※出版地:町田
著者名:茅原 郁生(著)
発行年月日:2012/03/30
ISBN-10:4883601064
ISBN-13:9784883601066
判型:A5
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:社会科学総記
ページ数:563ページ
縦:22cm

    地方・小出版流通センター 中国軍事大国の原点―[トウ]小平軍事改革の研究 [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!