平和政策(有斐閣ブックス) [全集叢書]
    • 平和政策(有斐閣ブックス) [全集叢書]

    • ¥2,97090ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年2月24日月曜日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001669937

平和政策(有斐閣ブックス) [全集叢書]

価格:¥2,970(税込)
ポイント:90ポイント(3%還元)(¥90相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年2月24日月曜日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日:2006/10/30
ご確認事項:返品不可

平和政策(有斐閣ブックス) [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    国際紛争はなぜ起こるのか。地域紛争や内戦など、開発途上地域を主な戦場とする「現代の戦争」に対して、どのような対応が可能なのか。達成されるべき政策目標として平和をとらえ、安全保障のみならず、政府の機能回復から社会経済の復興支援にいたるまでを含めた「平和構築」という政策領域を体系的に議論する、初めてのテキスト。国際政治の基礎理論、現代国際紛争の実態、平和構築の実際について、第一級の執筆陣が的確に分析・考察する。紛争事例などについてのコラムや、基本用語についての解説も充実し、現代の戦争や国際関係について初めて学ぶに最適。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    政策としての平和
    第1部 国際紛争をどうとらえるか(国際紛争はどうとらえられてきたのか
    現代紛争の構造とグローバリゼーション
    国際法と国際組織の役割
    地域機構は役に立つのか
    紛争と国際経済組織)
    第2部 現代国際紛争の実態(植民地支配の遺産と開発途上国
    兵器はどう規制されてきたか
    核軍拡と拡軍縮
    人の移動と難民保護
    テロリズムとテロ対策)
    第3部 平和構築の実際(軍事介入
    平和構築における政治・法制度改革
    紛争後選挙と選挙支援
    国際犯罪と刑法
    開発協力
    平和構築とジェンダー
    NGOと市民社会)
    国際紛争をこえて
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大芝 亮(オオシバ リョウ)
    一橋大学大学院法学研究科博士課程退学、Ph.D.(政治学、イェール大学)。一橋大学大学院法学研究科教授

    藤原 帰一(フジワラ キイチ)
    東京大学大学院博士課程単位取得中退。東京大学大学院法学政治学研究科教授。主要著作:『平和のリアリズム』(岩波書店、2004年、石橋湛山賞受賞)ほか

    山田 哲也(ヤマダ テツヤ)
    国際基督教大学大学院行政学研究科博士後期課程中退、行政学修士。椙山女学園大学現代マネジメント学部助教授

平和政策(有斐閣ブックス) [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:大芝 亮(編)/藤原 帰一(編)/山田 哲也(編)
発行年月日:2006/10/25
ISBN-10:4641183430
ISBN-13:9784641183438
判型:A5
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:政治含む国防軍事
ページ数:370ページ
縦:22cm

    有斐閣 平和政策(有斐閣ブックス) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!