習熟度別授業で学力は育つか(未来への学力と日本の教育〈2〉) [全集叢書]

販売休止中です

    • 習熟度別授業で学力は育つか(未来への学力と日本の教育〈2〉) [全集叢書]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
100000009001690114

習熟度別授業で学力は育つか(未来への学力と日本の教育〈2〉) [全集叢書]

梅原 利夫(編著)小寺 隆幸(編著)
価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
日本全国配達料金無料
出版社:明石書店
販売開始日:2005/08/12
ご確認事項:返品不可

習熟度別授業で学力は育つか(未来への学力と日本の教育〈2〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    学力についての議論が、どんな子どもにとっても、未来の社会への希望と個人のしあわせや豊かな生き方をつなぎ、また、人と人とのつながりをつむぐものとなることを願って、このシリーズを贈ります。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 今、教室で何が起こっているか(高まる学力と深まる学力―6年生算数じっくりコース―異質な学力の子どもたちのなかで学力は育つ
    あいまいな不安・不満・幻想―親の立場から―学校内にもち込まれる経済格差
    学力は向上したのか―学力向上フロンティアスクールでの教師の実践と苦悩
    クラス解体でコミュニケーションは実現するか―中学校英語授業実践と集団活動の再評価)
    第2章 習熟と習熟度別授業を考える(子どもたちの学び合いを断ち切り学力格差を拡大する危険性―習熟度別授業の実態をふまえ、未来を見すえた議論を
    習熟とは何か―熟達化研究の視点から
    「過重負担と能力別への移行」からの解放を―「学力向上策」ではなく学力保障の一方法として)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    梅原 利夫(ウメハラ トシオ)
    1947年、教育基本法施行と憲法施行のあいだに東京・新宿で生まれる。和光大学人間関係学部教授。カリキュラム論、いじめ・不登校の教育学などを担当

    小寺 隆幸(コデラ タカユキ)
    1951年生まれ。東京都多摩市立和田中学校数学科教師。数学教育協議会会員。現在のテーマは現実の問題に結びつけた数学教育の創造。チェルノブイリ子ども基金や原爆の図丸木美術館の理事として反核・平和の活動もライフワーク

習熟度別授業で学力は育つか(未来への学力と日本の教育〈2〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:明石書店
著者名:梅原 利夫(編著)/小寺 隆幸(編著)
発行年月日:2005/08/15
ISBN-10:4750321664
ISBN-13:9784750321660
判型:A5
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:教育
ページ数:219ページ
縦:21cm

    明石書店 習熟度別授業で学力は育つか(未来への学力と日本の教育〈2〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!