公共性のパラドックス―私たちこそ公共精神の持ち主 [単行本]
    • 公共性のパラドックス―私たちこそ公共精神の持ち主 [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001699682

公共性のパラドックス―私たちこそ公共精神の持ち主 [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:教学社
販売開始日: 2008/07/04
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

公共性のパラドックス―私たちこそ公共精神の持ち主 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    いま日本ではモノがあふれているのに、幸福だと感じている人は少ない。本来、人間のためにあったはずの公共性が、制度やシステムとして逆に人間を支配しているからだ。公共性のありかを人間の精神活動に求め、それが人間という社会的存在の幸福と直結していることを説く。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 公共なんてヨソ事?(公共と言えばモノ(制度)ばかり
    「人間」はどこにいるのか
    弱い「私」
    ウチとソト
    自由とは「気まま」のこと?
    フェアネスの精神はどこへ行ったのか)
    第2章 人間は不要?―効率主義の世界(人間がシステムに引き渡される
    資本主義の世界
    市場システムの自立)
    第3章 「もつ」よりは「ある」ほうがよい(働くことじたいが幸福
    価値―社会への通路
    価格(カネ)だけが価値なのか
    「ある」ことの深さ―自分の奥行き)
    第4章 公共性のありかをモノから人間へ(公共性の問題に対処できるのは誰か
    「市民」と「生活者」
    科学・技術の公共性
    経済を生活世界の中へ内部化する
    私の保証としての公―古代ポリスという事例)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    平子 義雄(ヒラコ ヨシオ)
    1940年東京都に生まれる。1967年東京大学大学院人文科学研究科(独語独文学専攻)修士課程修了。1993年東京大学大学院総合文化研究科教授。2002年兵庫県立姫路工業大学大学院環境人間学研究科科長。2006年兵庫県立大学名誉教授。現在、法務省人権擁護委員、豊中市人権文化のまちづくりをすすめる協議会委員、NPO法人「リサイクル広場とよなか」理事長、「技術者倫理の研究会」主宰。専攻はドイツ思想・文学、言語理論、環境思想・環境政策論

公共性のパラドックス―私たちこそ公共精神の持ち主 の商品スペック

商品仕様
出版社名:世界思想社 ※出版地:京都
著者名:平子 義雄(著)
発行年月日:2008/07/30
ISBN-10:479071344X
ISBN-13:9784790713449
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:237ページ
縦:19cm
他の教学社の書籍を探す

    教学社 公共性のパラドックス―私たちこそ公共精神の持ち主 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!