学校制服の文化史―日本近代における女子生徒服装の変遷 [単行本]
    • 学校制服の文化史―日本近代における女子生徒服装の変遷 [単行本]

    • ¥5,280159ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月1日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001702833

学校制服の文化史―日本近代における女子生徒服装の変遷 [単行本]

価格:¥5,280(税込)
ポイント:159ポイント(3%還元)(¥159相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月1日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日: 2012/02/13
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

学校制服の文化史―日本近代における女子生徒服装の変遷 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    精選した写真・図版約100点。やせ細った学校観を実り豊かに耕し直す、清新な制服史論。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 描かれた和装と描かれなかった鹿鳴館洋装―一八八〇‐一八九〇年代における女子生徒服装:女子学校制服成立前史(鹿鳴館の夜会における女性の洋装―洋装の政治的背景
    宮中における礼服の制度―近代天皇制と女性の服制
    女学校における洋装の展開 ほか)
    第2部 描かれた袴と描かれなかった改良服―一九〇〇‐一九一〇年代における女子生徒服装:女子学校制服の成立(女子生徒の誕生―女子教育と服装の関係
    改良服の考案・批判・実践
    女子学校制服の成立―規制・一元化への取り組み ほか)
    第3部 描かれた制服と描かれなかった標準服―一九二〇‐一九三〇年代における女子生徒服装:女子学校制服の変容(第一次世界大戦と女子教育
    生活改善運動―文部省主催の各種展覧会と生活改善同盟会の結成
    一九二〇年代における服装様式の転換―袴から洋服へ ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    難波 知子(ナンバ トモコ)
    1980年岡山県総社市生まれ。2003年お茶の水女子大学生活科学部(生活文化学講座)卒業。2010年同大学大学院博士後期課程(比較社会文化学専攻)修了。博士(学術)。2011年より、お茶の水女子大学常勤研究員。意匠学会、服飾文化学会、文化資源学会会員

学校制服の文化史―日本近代における女子生徒服装の変遷 の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社 ※出版地:大阪
著者名:難波 知子(著)
発行年月日:2012/02/10
ISBN-10:4422210149
ISBN-13:9784422210148
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:日本歴史
ページ数:383ページ ※331,52P
縦:22cm
他の創元社の書籍を探す

    創元社 学校制服の文化史―日本近代における女子生徒服装の変遷 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!