錯覚学―知覚の謎を解く(集英社新書) [新書]
    • 錯覚学―知覚の謎を解く(集英社新書) [新書]

    • ¥88527ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001711761

錯覚学―知覚の謎を解く(集英社新書) [新書]

価格:¥885(税込)
ポイント:27ポイント(3%還元)(¥27相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日:2012/10/22
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 187103位

錯覚学―知覚の謎を解く(集英社新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    あらかじめ分かっていたとしても、人は錯覚してしまう。むしろ、常に生じる錯視を利用しているからこそ、3D映像などが成立している。人は、なぜ、どのように、錯覚しているのだろうか。なぜ地平線近くの夕陽は大きく見え、高速で回転する車輪は逆方向に回っているように見えるのだろう?曲がって見える直線、揺れて動くように見える図、実在と違って見える写真など、さまざまな事例を示しながら、錯覚について分かりやすく解説。知覚のミステリーを解きながら、日常に潜む錯覚リスクについても論じる。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 「百聞は一見にしかず」と言うけれど
    第2章 人間に「正しく」見ることは可能か
    第3章 二次元の網膜画像が三次元に見える理由
    第4章 地平線の月はなぜ大きく見えるのか
    第5章 アニメからオフサイドまで―運動の錯視
    第6章 無い色が見える―色彩の錯視
    第7章 生き残るための錯覚学
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    一川 誠(イチカワ マコト)
    1965年宮崎県生まれ。大阪府で育つ。千葉大学文学部行動科学科准教授。大阪市立大学文学研究科後期博士課程修了。博士(文学)。専門は実験心理学。人間の知覚認知過程や感性の特性について研究を行っている

錯覚学―知覚の謎を解く(集英社新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:一川 誠(著)
発行年月日:2012/10/22
ISBN-10:4087206602
ISBN-13:9784087206609
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:心理学
ページ数:222ページ
縦:18cm

    集英社 錯覚学―知覚の謎を解く(集英社新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!