銀の匙(小学館文庫) [文庫]
    • 銀の匙(小学館文庫) [文庫]

    • ¥58618ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001713980

銀の匙(小学館文庫) [文庫]

中 勘助(著)橋本 武(案内)
価格:¥586(税込)
ポイント:18ポイント(3%還元)(¥18相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2012/10/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

銀の匙(小学館文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    古い茶箪笥の抽匣から小さな銀の匙を見つけたことから、幼年期の叔母の愛情に包まれた日々を、透き通る無垢な視線で回想してく主人公。明治43年に前篇が執筆され、夏目漱石の絶賛、推挙により、大正2年から東京朝日新聞で連載された中勘助の自伝的作品。戦後の灘中学でこの作品1冊を3年間かけて読みこむ授業を実践、同校を名門校へ導いた、中本人とも深く交流した橋本武による当時の授業を再現する「解説」を全編に併載。理解を深め、横道にそれる橋本流知的ヒントをちりばめた平成版『銀の匙』誕生。
  • 内容紹介

    漱石絶賛の名文が伝説教師の解説付きで甦る

    古い茶箪笥のひきだしから小さな銀の匙(さじ)を見つけたことから、幼年期の叔母の愛情に包まれた日々を、透き通るような無垢な目線で回想していく主人公。明治43年に前篇が執筆され、夏目漱石の「子供の世界の描写としては未曾有」という絶賛・推挙により、大正2年から東京朝日新聞で連載された、中勘助(1885-1965)の自伝的作品。戦後の灘中学でこの作品を3年間かけて読み込む授業を実践、同校を名門校へと導き、中本人とも深く交流した橋本武(現在100歳)による当時の授業を再現する[解説]を全編に掲載。本文の理解を助け、横道にそれる橋本授業の真骨頂を体験できる、[知的ヒント]と[気づき]がちりばめられた1冊です。

    図書館選書
    明治時代、虚弱な少年だった自身の思い出を、中勘助が深い洞察で綴った、夏目漱石絶賛の珠玉作。この小説を3年かけて読み込む授業で、灘校を東大合格日本一に導いた伝説教師・橋本武(100歳)の全編案内付き。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    中 勘助(ナカ カンスケ)
    明治18年東京生まれ。東京帝国大学文学部英文科卒業。文壇から距離を置き、孤高の姿勢を貫く。明治43年に執筆した『銀の匙』前篇は夏目漱石に「子供の世界の描写として未曾有」と絶賛され、東京朝日新聞に連載される。昭和40年逝去

    橋本 武(ハシモト タケシ)
    明治45年京都府生まれ、100歳。昭和9年、東京高等師範学校卒業後、旧制灘中学の国語教師となる。戦後、中勘助著『銀の匙』を3年間読む授業を実践。灘校を名門進学校に導く。50年間教壇に立ち続け、昭和59年71歳で退職。教え子は故・遠藤周作氏をはじめ、各界の第一線で活躍している

銀の匙(小学館文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:中 勘助(著)/橋本 武(案内)
発行年月日:2012/10/21
ISBN-10:4094087745
ISBN-13:9784094087741
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:253ページ
縦:15cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 銀の匙(小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!