パーソナリティ障害とは何か(講談社現代新書) [新書]
    • パーソナリティ障害とは何か(講談社現代新書) [新書]

    • ¥92428ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2023年2月9日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
パーソナリティ障害とは何か(講談社現代新書) [新書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009001716425

パーソナリティ障害とは何か(講談社現代新書) [新書]

価格:¥924(税込)
ポイント:28ポイント(3%還元)(¥28相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2023年2月9日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:講談社
販売開始日: 2012/11/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

パーソナリティ障害とは何か(講談社現代新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    境界性、自己愛性から回避性まで、精神科臨床の最前線に立つ著者がわかりやすく紹介。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    パーソナリティ障害とは
    主観的世界のなかの「私」
    主観と客観のあいだ
    外界と「私」との対峙
    パーソナリティ障害全体を見回す
    パーソナリティ障害の人に寄り添う―治療者として、家族として、そして友だちとして
  • 出版社からのコメント

    境界性、自己愛性、反社会性……。私たちはパーソナリティ障害とどう向き合うべきか。第一人者が豊富な症例をもとにその本質に迫る。
  • 内容紹介

    「見捨てられ不安」を抱く境界性、尊大さの背後に別の人間像を隠し持つ自己愛性、「恥の心理」を抱える回避性……。精神科臨床の最前線に立つ著者が、豊富な症例をもとに、現代の病ともいえるパーソナリティ障害の心理構造から周囲の接し方まで丁寧に紹介する一冊。(講談社現代新書)


    「見捨てられ不安」を抱く境界性、尊大さの背後に別の人間像を隠し持つ自己愛性、「恥の心理」を抱える回避性……。
    精神科臨床の最前線に立つ著者が、豊富な症例をもとに、現代の病ともいえるパーソナリティ障害の心理構造から周囲の接し方まで丁寧に紹介する一冊。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    牛島 定信(ウシジマ サダノブ)
    1939年福岡県生まれ。九州大学医学部卒業、医学博士。国立肥前療養所医長、福岡大学医学部教授、東京慈恵会医科大学教授、東京女子大学教授を経て、現在、三田精神療法研究所所長、東京慈恵会医科大学客員教授。日本精神分析学会元会長、日本森田療法学会元理事長、日本児童青年精神医学会元理事長
  • 著者について

    牛島 定信 (ウシジマ サダノブ)
    牛島定信(うしじま さだのぶ)
    一九三九年福岡県生まれ。九州大学医学部卒業、医学博士。国立肥前療養所医長、福岡大学医学部教授、東京慈恵会医科大学教授、東京女子大学教授を経て、現在、三田精神療法研究所所長、東京慈恵会医科大学客員教授。日本精神分析学会元会長、日本森田療法学会元理事長、日本児童青年精神医学会元理事長。主な著書に、『心の健康を求めて――現代家族の病理』(慶應義塾大学出版会)、『人格の病理と精神療法――精神分析、森田療法そして精神医学』『境界性パーソナリティ障害――日本版治療ガイドライン』(編著)(いずれも金剛出版)、『境界性パーソナリティ障害のことがよくわかる本』『境界性パーソナリティ障害の人の気持ちがわかる本』(いずれも監修書、講談社)などがある。

パーソナリティ障害とは何か(講談社現代新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:牛島 定信(著)
発行年月日:2012/11/20
ISBN-10:4062881802
ISBN-13:9784062881807
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:心理学
言語:日本語
ページ数:222ページ
縦:18cm
他の講談社の書籍を探す

    講談社 パーソナリティ障害とは何か(講談社現代新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!