JOKER GAME(竹書房文庫) [文庫]
    • JOKER GAME(竹書房文庫) [文庫]

    • ¥71222ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年2月29日土曜日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001716898

JOKER GAME(竹書房文庫) [文庫]

竹内 佑(原案)矢口 武(著)
価格:¥712(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年2月29日土曜日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日:2012/11/15
ご確認事項:返品不可

JOKER GAME(竹書房文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    赤沢千夏は県立の進学校に通う高校3年生。文科省の指導により、今日から3年生全員での“合宿”が行われる。合宿初日、担任からクラス全員で“ババヌキ”をすることが発表される。カードは各自10枚。カードの交換の仕方は各自の自由。決められた時間内であれば、校舎内の移動も自由。但し決められた時間には教室に戻っておかなければならない。カード交換により、手持ちにペアカードができたら教師に提出することができる。カードを全部教師に提出するか、「契約システム」を使って他人にカードを引き取ってもらうことができればクリア。カードの中には1枚だけジョーカーが含まれており、最後までジョーカーを持っている者が負け。ゆるい雰囲気ではじまった“ゲーム”だったが、その日の“敗北者”が決まった瞬間、生徒たちはこれが自らの命を賭けた“ババヌキ”であることを知るのだった…。生死を賭けたババヌキに最期まで生き残るのは誰なのか…。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    竹内 佑(タケウチ ユウ)
    1977年、愛知県出身。演出家・作家。作演出を努める劇団「デス電所」にて発表した『空洞メディアクリエイター』で2011年第55回岸田國士戯曲賞最終候補となる。作家としても、ライトノベル『最弱の支配者、とか。』(ガガガ文庫)で、小説家デビューを果たす

    矢口 武(ヤグチ タケシ)
    1982年、新潟県出身。アミューズメントメディア総合学院ノベルス学科卒業後、ライター業に従事。『JOKER GAME』が小説デビュー作となる

JOKER GAME(竹書房文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:竹内 佑(原案)/矢口 武(著)
発行年月日:2012/11/15
ISBN-10:4812491274
ISBN-13:9784812491270
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:演劇・映画
ページ数:247ページ
縦:15cm

    竹書房 JOKER GAME(竹書房文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!