財政赤字の淵源―寛容な社会の条件を考える [単行本]
    • 財政赤字の淵源―寛容な社会の条件を考える [単行本]

    • ¥2,970179ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月27日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001719935

財政赤字の淵源―寛容な社会の条件を考える [単行本]

価格:¥2,970(税込)
ポイント:179ポイント(6%還元)(¥179相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月27日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2012/10/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

財政赤字の淵源―寛容な社会の条件を考える [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    年金、医療、介護、生活保護、教育、公共事業…人びとの生活を支える財政制度をどう設計していくか。歴史的アプローチから財政赤字の原因と構造を明らかにし、すべての人びとが平等に扱われ、豊かな財源の創出が可能となる財政システムを提言する。
  • 目次

    序 章 なぜ巨額の財政赤字が生まれたのか―財政社会学の挑戦
    第I部 財政の原型はどう作られたか
    第1章 日本財政の源流─金本位制度から管理通貨制度へ
    第2章 占領期の財政運営と大蔵省統制の確立
    第II部 大蔵省統制と土建国家
    第3章 土建国家へ
    第4章 健全財政主義の黄昏
    第III部 寛容な社会の条件
    第5章 変わりゆく社会,変えられない財政─激動の1990年代
    第6章 寛容な社会のための財政
  • 内容紹介

    日本の財政赤字はどのようにして形成されたのか。歴史的アプローチからその原因と構造を明らかにする,渾身の作! 今後必要なのは,福祉社会のための財源の創出,すなわち増税が可能となる寛容な社会である。人びとの信頼を支える財政システムを提言する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    井手 英策(イデ エイサク)
    1972年福岡県久留米市生まれ。1995年東京大学経済学部卒業。2000年東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。日本銀行金融研究所、東北学院大学、横浜国立大学を経て、慶應義塾大学経済学部准教授。専攻は財政社会学、財政金融史
  • 著者について

    井手 英策 (イデ エイサク)
    慶應義塾大学准教授

財政赤字の淵源―寛容な社会の条件を考える [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:井手 英策(著)
発行年月日:2012/10/15
ISBN-10:4641164029
ISBN-13:9784641164024
判型:B6
発売社名:有斐閣
対象:教養
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
言語:日本語
ページ数:305ページ ※296,9P
縦:20cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 財政赤字の淵源―寛容な社会の条件を考える [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!