近代日本の研究開発体制 [単行本]
    • 近代日本の研究開発体制 [単行本]

    • ¥9,240278ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001722726

近代日本の研究開発体制 [単行本]

価格:¥9,240(税込)
ポイント:278ポイント(3%還元)(¥278相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:名古屋大学出版
販売開始日: 2012/11/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

近代日本の研究開発体制 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    わが国の研究開発体制はどのように形成され、いかなる特質をもつのか。第1次大戦から高度成長期までの約半世紀、「科学技術」の軍事動員を経つつ(軍)官産学の連携をはかり研究開発を行ってきた歴史の実像を、圧倒的な実証によって描く。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    研究開発体制の歴史的位相
    第1部 戦間期の研究開発体制(「帝国」の技術者―供給・移動・技能形成
    官公私立鉱工業試験研究機関の変遷とその特質 ほか)
    第2部 戦時期の研究開発体制(戦時期日本帝国における技術者供給
    戦時期の産業技術政策―技術院を中心に ほか)
    第3部 戦後復興期の研究開発体制(研究開発体制の再構築
    技術者の軍民転換と鉄道技術研究所 ほか)
    第4部 1950年代の研究開発体制(1950年代における技術開発政策構想の展開
    軸受開発の研究ネットワーク ほか)
    研究開発体制の戦前・戦中・戦後
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    沢井 実(サワイ ミノル)
    1953年生。1978年国際基督教大学教養学部卒業。1983年東京大学大学院経済学研究科第二種博士課程単位取得退学。現在、大阪大学大学院経済学研究科教授、博士(経済学)

近代日本の研究開発体制 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:名古屋大学出版会 ※出版地:名古屋
著者名:沢井 実(著)
発行年月日:2012/11/15
ISBN-10:4815807140
ISBN-13:9784815807146
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:日本歴史
ページ数:613ページ
縦:23cm
他の名古屋大学出版の書籍を探す

    名古屋大学出版 近代日本の研究開発体制 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!