児童サービス論(現代図書館情報学シリーズ〈6〉) [単行本]
    • 児童サービス論(現代図書館情報学シリーズ〈6〉) [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001725842

児童サービス論(現代図書館情報学シリーズ〈6〉) [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:樹村房
販売開始日:2012/10/29
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 880060位

児童サービス論(現代図書館情報学シリーズ〈6〉) の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1章 読書の意義
    2章 児童サービスの意義と歴史
    3章 児童サービスの種類と内容
    4章 児童サービスの管理・運営
    5章 児童資料の種類と特性
    6章 乳幼児サービス
    7章 ヤングアダルトサービス
    8章 学校図書館へのサービス
    9章 地域と公共図書館
    10章 児童サービスの課題と展望
    資料
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    植松 貞夫(ウエマツ サダオ)
    1948神奈川県茅ケ崎市に生まれる。1971東京都立大学工学部建築工学科卒業。1974東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。図書館情報大学図書館情報学部助手、助教授、教授、副学長・附属図書館長、(大学統合により)筑波大学図書館情報専門学群長、附属図書館長、大学院図書館情報メディア研究科長を経て、筑波大学図書館情報メディア系教授。工学博士(1987年、東京大学)

    鈴木 佳苗(スズキ カナエ)
    お茶の水女子大学文教育学部卒業。お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士課程修了・博士(人文科学)。お茶の水女子大学大学院人間文化研究科助手、筑波大学図書館情報学系専任講師、筑波大学大学院図書館情報メディア研究科専任講師、筑波大学大学院図書館情報メディア研究科助教授・准教授を経て、筑波大学図書館情報メディア系准教授

児童サービス論(現代図書館情報学シリーズ〈6〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:樹村房
著者名:植松 貞夫(編)/鈴木 佳苗(編)
発行年月日:2012/10/29
ISBN-10:4883672069
ISBN-13:9784883672066
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:総記
ページ数:191ページ
縦:21cm

    樹村房 児童サービス論(現代図書館情報学シリーズ〈6〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!