レジリエンスエンジニアリング―概念と指針 [単行本]
    • レジリエンスエンジニアリング―概念と指針 [単行本]

    • ¥5,280159ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年12月5日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001725961

レジリエンスエンジニアリング―概念と指針 [単行本]

Erik Hollnagel(編著)David D. Woods(編著)Nancy Leveson(編著)北村 正晴(監訳)
価格:¥5,280(税込)
ポイント:159ポイント(3%還元)(¥159相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年12月5日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日科技連出版社
販売開始日: 2012/11/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

レジリエンスエンジニアリング―概念と指針 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書は、2004年に鉱われたレジリエンスエンジニアリングシンポジウムの参加者が中心となって、それぞれの立場から寄稿した論文集。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    プロローグ レジリエンスエンジニアリングの概念
    第1部 概念の形成(レジリエンス―不安定性への取組み
    レジリエンスの本質的特性 ほか)
    第2部 事例とプロセス(安全が重要なシステムへのレジリエンスの導入
    レジリエンスは必要か?鉄道における事例から ほか)
    第3部 レジリエンスエンジニアリング実践の試み(レジリエントな組織の特性―第一次概観
    リスク制御・安全マネジメントシステムのレジリエンス監査 ほか)
    エピローグ レジリエンスエンジニアリングの指針
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    北村 正晴(キタムラ マサハル)
    東北大学名誉教授、(株)テムス研究所所長。1942年、盛岡市生れ。1970年東北大学大学院工学研究科原子核工学専攻博士課程単位取得退学。同年、東北大学工学部助手、1992年東北大学工学部教授。原子力プラント監視診断技術、ヒューマンファクター研究などに従事。2005年3月東北大学定年退職。東北大学名誉教授。2005年4月より東北大学未来科学技術共同研究センター客員教授。原子力に関する市民対話実践研究、レジリエンスエンジニアリングに基づく安全高度化研究を推進。202年同センターを退職。テムス研究所所長

レジリエンスエンジニアリング―概念と指針 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日科技連出版社
著者名:Erik Hollnagel(編著)/David D. Woods(編著)/Nancy Leveson(編著)/北村 正晴(監訳)
発行年月日:2012/11/21
ISBN-10:4817194553
ISBN-13:9784817194558
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:工学・工業総記
ページ数:381ページ
縦:21cm
その他: 原書名: Resilience Engineering:Concepts and Precepts〈Hollnagel,Erik;Woods,David D.;Leveson,Nancy〉
他の日科技連出版社の書籍を探す

    日科技連出版社 レジリエンスエンジニアリング―概念と指針 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!