困ったときは人に頼ろう―「ヘルプのサイン」が出せる人・出せない人 [単行本]
    • 困ったときは人に頼ろう―「ヘルプのサイン」が出せる人・出せない人 [単行本]

    • ¥1,40443ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001727183

困ったときは人に頼ろう―「ヘルプのサイン」が出せる人・出せない人 [単行本]

価格:¥1,404(税込)
ポイント:43ポイント(3%還元)(¥43相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新講社
販売開始日:2012/11/27
ご確認事項:返品不可

困ったときは人に頼ろう―「ヘルプのサイン」が出せる人・出せない人 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ほんものの「折れないこころ」は、自分の弱さを知ることで得られます!「弱音を吐いてはいけない」「助けを求めるなんて恥ずかしい」と日本人は考えがちですが、それは大間違い!我慢する人ほど「こころ」はポキンと折れやすいのです。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    プロローグ 「強さも弱さも見せてくれる人」がいい!
    1 「助けのいらない人」はいない―「この人もそうなんだ」という大きな安心感
    2 「ヘルプのサイン」は素直に出そう―甘えるのが上手な人・下手な人
    3 ヘルプのサインは「信頼」のサイン―頼られてうれしくない人はいない
    4 「ヘルプのサイン」が世界を広げる―こころを閉ざすと、世界も閉ざされる
    5 「わたしって弱いな」と気づくと楽になる―背伸びしなくても人は成長します
    6 遠慮するからこころが縮こまる―意外に気がついていない「ヘルプの効用」
    エピローグ 笑顔の似合う人は「泣き顔」も似合う
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    和田 秀樹(ワダ ヒデキ)
    1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒、東京大学医学部付属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、現在は精神科医。国際医療福祉大学教授。ヒデキ・ワダ・インスティテュート代表。一橋大学国際公共政策大学院特任教授。川崎幸病院精神科顧問

困ったときは人に頼ろう―「ヘルプのサイン」が出せる人・出せない人 の商品スペック

商品仕様
出版社名:波乗社
著者名:和田 秀樹(著)
発行年月日:2012/11/27
ISBN-10:4860814568
ISBN-13:9784860814564
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:183ページ
縦:19cm

    新講社 困ったときは人に頼ろう―「ヘルプのサイン」が出せる人・出せない人 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!