図書館はラビリンス―だから図書館めぐりはやめられない…〈Part2〉 [単行本]
    • 図書館はラビリンス―だから図書館めぐりはやめられない…〈Part2〉 [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001728923

図書館はラビリンス―だから図書館めぐりはやめられない…〈Part2〉 [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:樹村房
販売開始日:2012/11/15
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 709795位

図書館はラビリンス―だから図書館めぐりはやめられない…〈Part2〉 の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    ジュール・ヴェルヌ『地底旅行』
    ベルンハルト・M.シュミッド『世界の橋』
    田宮俊作『田宮模型の仕事』
    芦原すなお『青春デンデケデケデケ』
    流智美『やっぱりプロレスが最強である!』
    リヴォン・ヘルム『ザ・バンド軌跡』
    小峯隆生『1968少年玩具東京モデルガンストーリー』
    デイヴィッド・ダルトン/レニー・ケイ(共著)『ロック偉人伝上・下巻』
    井上ひさし『青葉繁れる』
    内野安彦『だから図書館めぐりはやめられない』〔ほか〕
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    内野 安彦(ウチノ ヤスヒコ)
    1956年茨城県に生まれる。1979年茨城県鹿島町役場(現鹿嶋市役所)入所。この間、総務・広報広聴・人事・企画を経て、図書館に配属。中央図書館長・学校教育課長を務める。2007年長野県塩尻市役所からの招聘に応じ、鹿嶋市役所を退職。塩尻市役所に入所。この間、図書館長として、新図書館の開館準備を指揮。2010年7月に新館開館。2012年3月に塩尻市役所を退職。現在、松本大学松商短期大学部非常勤講師。筑波大学大学院図書館情報メディア研究科博士後期課程中退。図書館情報学修士

図書館はラビリンス―だから図書館めぐりはやめられない…〈Part2〉 の商品スペック

商品仕様
出版社名:樹村房
著者名:内野 安彦(著)
発行年月日:2012/11/15
ISBN-10:4883672204
ISBN-13:9784883672202
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:186ページ
縦:19cm

    樹村房 図書館はラビリンス―だから図書館めぐりはやめられない…〈Part2〉 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!