猿猴 川に死す―現代によみがえった幻の釣りエッセイ(小学館文庫) [文庫]

販売休止中です

    • 猿猴 川に死す―現代によみがえった幻の釣りエッセイ(小学館文庫) [文庫]

    • ¥62819ポイント(3%還元)
100000009001739900

猿猴 川に死す―現代によみがえった幻の釣りエッセイ(小学館文庫) [文庫]

価格:¥628(税込)
ポイント:19ポイント(3%還元)(¥19相当)
日本全国配達料金無料
出版社:小学館
販売開始日:2005/03/08
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 833956位

猿猴 川に死す―現代によみがえった幻の釣りエッセイ(小学館文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    川に生まれ、川に帰る。都会の喧噪を捨て、故郷・高知の山河に無名の釣り師として生きた名編集者・森下雨村老境のかがやき。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 雨村の世界ふたたび(猿猴川に死す
    大漁不満
    鎌井田の瀬
    面河行
    とおい昔
    少年の日
    種田先生
    園さんと狸 ほか)
    第2部 川に生まれて川に帰る―評伝・森下雨村(かくまつとむ)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    森下 雨村(モリシタ ウソン)
    本名、森下岩太郎。高知県佐川町生まれ。雑誌「新青年」の創刊編集長。江戸川乱歩、横溝正史らを育成した日本の推理小説のパイオニア。昭和15年、佐川町に帰り、釣りと農作業に明け暮れる。昭和40年没

猿猴 川に死す―現代によみがえった幻の釣りエッセイ(小学館文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:森下 雨村(著)
発行年月日:2005/04/01
ISBN-10:4094116311
ISBN-13:9784094116311
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:318ページ
縦:15cm

    小学館 猿猴 川に死す―現代によみがえった幻の釣りエッセイ(小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!