台湾エスニックマイノリティ文学論―山と海の文学世界 [単行本]

販売休止中です

    • 台湾エスニックマイノリティ文学論―山と海の文学世界 [単行本]

    • ¥4,180126ポイント(3%還元)
100000009001747217

台湾エスニックマイノリティ文学論―山と海の文学世界 [単行本]

価格:¥4,180(税込)
ポイント:126ポイント(3%還元)(¥126相当)
日本全国配達料金無料
出版社:草風館
販売開始日: 2012/12/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

台湾エスニックマイノリティ文学論―山と海の文学世界 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    1980年代に生まれた“新しい文学”、台湾原住民文学も早や30年。はたして果実は実ったのか。ベルギーのルーヴェン大学の留学より帰国してから今日まで、原住民族の過去・現在・未来について考え続けてきた、苦闘と思索の書。いま台湾原住民文学は“而立”を迎え、世界のエスニックマイノリティー文学へと繋がっていく。山海文学その背景と展開。本邦初の個人著作評論集。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 黄昏の民族として(子供の頃の印象
    母の歴史、歴史の母 ほか)
    第2章 言語、文化そして政治(原住民の母語問題に関する若干の検討
    多元文化と原住民言語政策 ほか)
    第3章 文学を防衛線とする(原住民の文化・歴史と心の世界の描写―試論原住民文学の可能性
    原住民文学の苦境―黄昏あるいは黎明 ほか)
    第4章 山と海の世界(山海世界
    神聖なる回帰―台湾原住民族祭儀の現況と再生 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ダナパン,パァラバン(ダナパン,パァラバン/Danapan,Paelabang)
    孫大川。1953年台東県卑南郷賓朗村下賓朗(pinaseki)生まれ。プユマ族。国立台湾大学中国文学系卒業。輔仁大学哲学研究所およびルーヴェン・カトリック大学(ベルギー)漢学修士。東呉大学哲学系講師、副教授、国立東華大学民族発展研究所所長、同民族語言与伝播学系主任を経て、国立政治大学台湾文学研究所副教授。台湾原住民族文学ペンクラブ会長。現、中華民国行政院原住民族委員会主任委員

    下村 作次郎(シモムラ サクジロウ)
    1949年和歌山県新宮市生まれ。関西大学大学院博士課程修了。文学博士。現、天理大学国際学部教授

台湾エスニックマイノリティ文学論―山と海の文学世界 の商品スペック

商品仕様
出版社名:草風館
著者名:パァラバン ダナパン(著)/下村 作次郎(訳)
発行年月日:2012/12/18
ISBN-10:4883231887
ISBN-13:9784883231881
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国文学その他
ページ数:377ページ
縦:22cm
他の草風館の書籍を探す

    草風館 台湾エスニックマイノリティ文学論―山と海の文学世界 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!