カメラが撮らえた最後の将軍と徳川一族(ビジュアル選書) [単行本]

販売休止中です

    • カメラが撮らえた最後の将軍と徳川一族(ビジュアル選書) [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
100000009001749063

カメラが撮らえた最後の将軍と徳川一族(ビジュアル選書) [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
日本全国配達料金無料
出版社:新人物往来
販売開始日:2013/01/19
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 324319位

カメラが撮らえた最後の将軍と徳川一族(ビジュアル選書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    徳川宗家から御三家・御三卿・御家門まで、幕末・維新後の肖像。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1章 徳川宗家―最後の将軍と維新後の宗家(徳川慶喜家―明治政府に赦された慶喜が宗家の別家として新たに創設
    徳川宗家―明治維新後も公爵家として引き継がれた徳川家の本流)
    2章 御三家―宗家を囲む最高位の藩屏(尾張徳川家―佐幕よりも勤王を藩訓として戊辰戦争で官軍の主力となる
    紀伊徳川家―将軍を二人も輩出した御三家の名門
    水戸徳川家―光圀以来の尊皇家でご三家で唯一公爵を授爵)
    3章 御三卿―宗家の断絶を防ぐ「血の予備軍」(田安徳川家―御三卿のひとつとして宗家十六代当主を出す
    一橋徳川家―二人の将軍を輩出し戦後は講和条約締結を担う
    清水徳川家―パリ万博を見た昭武、国内初のパイロット好敏)
    4章 御家門―幕末史に名を残した松平一族(越前松平家―徳川慶喜とともに幕末の幕政を主導する
    会津松平家―家祖から最後の藩主まで徳川宗家への忠誠を貫き通す
    桑名松平家―一橋慶喜、会津松平家とともに長州藩に対抗、戊辰戦争を戦う)

カメラが撮らえた最後の将軍と徳川一族(ビジュアル選書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:新人物往来社
著者名:新人物往来社(編)
発行年月日:2013/01/29
ISBN-10:4404043104
ISBN-13:9784404043108
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本歴史
ページ数:143ページ
縦:21cm

    新人物往来 カメラが撮らえた最後の将軍と徳川一族(ビジュアル選書) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!