残すべき建築―モダニズム建築は何を求めたのか [単行本]
    • 残すべき建築―モダニズム建築は何を求めたのか [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年7月9日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001751175

残すべき建築―モダニズム建築は何を求めたのか [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年7月9日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:誠文堂新光社
販売開始日: 2013/01/23
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

残すべき建築―モダニズム建築は何を求めたのか [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    東京駅が華々しく復元される一方で、同潤会アパートや歌舞伎座、京都会館といった身近な建物が取り壊され、失われる風景がある。いまなお愛されつづける場所を含め、建築家たちが求めた暮らしのかたちを見つめ直すためにモダニズム建築を訪ね歩く。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    世田谷区民会館・区庁舎
    東京中央郵便局・大阪中央郵便局
    旧・飯箸邸(現「ドメイヌ・ドゥ・ミクニ」)
    歌舞伎座
    新朝日ビルディング
    公団阿佐ヶ谷団地
    洲本市立図書館
    同潤会上野下アパート
    桂カトリック教会
    日土小学校〔ほか〕
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    松隈 洋(マツクマ ヒロシ)
    1957年兵庫県生まれ。1980年京都大学工学部建築学科卒業後、前川國男建築設計事務所に入所。2000年4月京都工芸繊維大学助教授に着任。2008年10月より京都工芸繊維大学教授。博士(工学)。専門は近代建築史、建築設計論。2000年よりDOCOMOMO Japanメンバー。2012年4月より同副代表。2005~2006年「生誕100年・前川國男建築展」実行委員会事務局長を務める。アントニン・レーモンド、坂倉準三、白井晟一、シャルロット・ペリアン、村野藤吾など多くの建築展の企画にも携わる

残すべき建築―モダニズム建築は何を求めたのか [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:誠文堂新光社
著者名:松隈 洋(著)
発行年月日:2013/01/29
ISBN-10:4416613881
ISBN-13:9784416613887
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:建築
ページ数:287ページ
縦:21cm
他の誠文堂新光社の書籍を探す

    誠文堂新光社 残すべき建築―モダニズム建築は何を求めたのか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!