統計学が最強の学問である―データ社会を生き抜くための武器と教養 [単行本]
    • 統計学が最強の学問である―データ社会を生き抜くための武器と教養 [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年7月13日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001751373

統計学が最強の学問である―データ社会を生き抜くための武器と教養 [単行本]

  • 4.17
価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年7月13日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ダイヤモンド社
販売開始日: 2013/01/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

統計学が最強の学問である―データ社会を生き抜くための武器と教養 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    あえて断言しよう。あらゆる学問のなかで統計学が最強の学問であると。どんな権威やロジックも吹き飛ばして正解を導き出す統計学の影響は、現代社会で強まる一方である。「ビッグデータ」などの言葉が流行ることもそうした状況の現れだが、はたしてどれだけの人が、その本当の魅力とパワフルさを知っているだろうか。本書では、最新の事例と研究結果をもとに、今までにない切り口から統計学の世界を案内する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 なぜ統計学が最強の学問なのか?
    第2章 サンプリングが情報コストを激減させる
    第3章 誤差と因果関係が統計学のキモである
    第4章 「ランダム化」という最強の武器
    第5章 ランダム化ができなかったらどうするか?
    第6章 統計家たちの仁義なき戦い
    終章 巨人の肩に立つ方法
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    西内 啓(ニシウチ ヒロム)
    1981年生まれ。東京大学医学部卒(生物統計学専攻)。東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野助教、大学病院医療情報ネットワーク研究センター副センター長、ダナファーバー/ハーバードがん研究センター客員研究員を経て、現在はデータに基づいて社会にイノベーションを起こすためのさまざまなプロジェクトにおいて調査、分析、システム開発および戦略立案をコンサルティングする

統計学が最強の学問である―データ社会を生き抜くための武器と教養 の商品スペック

商品仕様
出版社名:ダイヤモンド社
著者名:西内 啓(著)
発行年月日:2013/01/24
ISBN-10:4478022216
ISBN-13:9784478022214
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
ページ数:304ページ
縦:19cm
他のダイヤモンド社の書籍を探す

    ダイヤモンド社 統計学が最強の学問である―データ社会を生き抜くための武器と教養 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!