葉蘭をめぐる冒険―イギリス文化・文学論 [単行本]
    • 葉蘭をめぐる冒険―イギリス文化・文学論 [単行本]

    • ¥3,960119ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年12月11日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001751861

葉蘭をめぐる冒険―イギリス文化・文学論 [単行本]

価格:¥3,960(税込)
ポイント:119ポイント(3%還元)(¥119相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年12月11日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2013/01/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

葉蘭をめぐる冒険―イギリス文化・文学論 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ヴィクトリア朝中期から20世紀半ばまでラスキン、モリス、ワイルドほか作家・詩人と民衆文化との埋もれたつながりをあざやかに読み解くイギリス100年史。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1(ベデカーなしでサンタ・クローチェへ―ラスキン、フォースター、フィレンツェ
    葉蘭をめぐる冒険―オーウェル『葉蘭をそよがせよ』についての一考察)
    2(バーン=ジョーンズ、ラスキンとイタリアへ
    ラスキンとセント・ジョージのギルド ほか)
    3(ウィリアム・モリスとアーツ・アンド・クラフツ運動
    ケルムスコット・ハウスのオスカー・ワイルド ほか)
    4(ブリンプ大佐の頭の固さ―オーウェルの著作にみられる“Blimp”の使用例について
    冷戦下の『動物農場』―ハラス&バチュラーのアニメ映画化をめぐって ほか)
    5(博言学者シュピッツァーの英米文学論集
    イギリス民衆文化研究の端緒を開いて―英文学者小野二郎の仕事 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    川端 康雄(カワバタ ヤスオ)
    1955年、横浜に生まれる。明治大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。日本女子大学文学部教授。イギリス文学、イギリス文化研究

葉蘭をめぐる冒険―イギリス文化・文学論 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:川端 康雄(著)
発行年月日:2013/01/22
ISBN-10:4622077213
ISBN-13:9784622077213
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:外国文学その他
ページ数:321ページ
縦:20cm
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 葉蘭をめぐる冒険―イギリス文化・文学論 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!