日本の地下水が危ない(幻冬舎新書) [新書]

販売休止中です

    • 日本の地下水が危ない(幻冬舎新書) [新書]

    • ¥85826ポイント(3%還元)
100000009001761142

日本の地下水が危ない(幻冬舎新書) [新書]

価格:¥858(税込)
ポイント:26ポイント(3%還元)(¥26相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2013/01/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

日本の地下水が危ない(幻冬舎新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    中国資本による日本の森林買収が増え、多くの自治体が「狙いは水資源ではないか」と警戒を強めている。日本の法律では、いったん土地を買われたら、地下水使用を制限できない。現在、淡水は世界レベルで不足し、外国資本による地下水独占が住民の生活を脅かすケースが各地で多発。同じ事態が日本で起こらない保証はまったくない。さらには、ペットボトル水需要の急増、森林・水田の荒廃など、国内事情も深刻化しており、このままでは日本の地下水が枯渇する!危機的現状と自治体の必死の防衛策を緊急レポート。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 水源地を買う外国人
    第2章 地下水を売る日本企業
    第3章 国境を越える水
    第4章 水を守る法律がない
    第5章 動き出した自治体
    第6章 水は田んぼで育まれる
    第7章 その水はなぜ必要か
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    橋本 淳司(ハシモト ジュンジ)
    ジャーナリスト、アクアスフィア代表。国内外の水問題とその解決方法を取材し発信。国や地方自治体への水政策の提言、子どもや一般市民を対象とする講演活動も行なう。現在、参議院第一特別調査室客員調査員(水問題)、東京学芸大学客員准教授、NPO法人地域水道支援センター理事、日本水フォーラム節水リーダー、ウォーターエイドインジャパン理事

日本の地下水が危ない(幻冬舎新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:橋本 淳司(著)
発行年月日:2013/01/30
ISBN-10:4344982959
ISBN-13:9784344982956
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:209ページ
縦:18cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 日本の地下水が危ない(幻冬舎新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!