幕末妖人伝―時代短篇選集〈1〉(小学館文庫) [文庫]
    • 幕末妖人伝―時代短篇選集〈1〉(小学館文庫) [文庫]

    • ¥78524ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月23日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001764709

幕末妖人伝―時代短篇選集〈1〉(小学館文庫) [文庫]

価格:¥785(税込)
ポイント:24ポイント(3%還元)(¥24相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月23日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2013/02/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

幕末妖人伝―時代短篇選集〈1〉(小学館文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    幕末から明治を舞台にした山田風太郎の名短篇を集成する作品集。無念流の免許皆伝の腕を持ち、佐久間象山の下では勝麟太郎と並ぶ俊才と目されていた立花久米蔵。蘭方の医師でもあり、妻はオランダ人と遊女との間に生まれた絶世の美女だった。そんな彼が、黒船渡来で攘夷を唱える声に異論を述べたことから悲劇が始まり「ヤマトフの逃亡」。牢屋敷から、火事のため囚人切り放しで自由の身となった、高野長英の最期までを描く「伝馬町から今晩は」。ほかに、芹沢鴨、河上彦斎、鳥居燿蔵など、主人公たちの切々たる心情が胸を打つ全七篇。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    からすがね検校;ヤマトフの逃亡;おれは不知火;首の座;東京南町奉行;新選組の道化師;伝馬町から今晩は
  • 内容紹介

    時代を超えた衝撃の名作短編を収録。

    幕末から明治を舞台に描いた山田風太郎の名短編を、文芸評論家・日下三蔵氏の編により収録した短編集。大きく変わっていく激動期に、あるものは自らの意志を貫き、あるものは時代に翻弄される人生を送った。
    無念流の免許皆伝の腕をもち、佐久間象山の下では、勝麟太郎とならぶ俊才と目されていた、立花久米蔵。蘭方の医者でもあり、妻は外国人の血を受け継いでいた。そんな彼が、黒船渡来で攘夷を唱える声に、異論を述べたことから悲劇が始まる、「ヤマトフの逃亡」。
    火事のため、伝馬町の牢屋敷から囚人の切り放しがあり逃げてきた、高野長英の最後までを描く、「伝馬町から今晩は」。
    ほか全七編。



    【編集担当からのおすすめ情報】
    二月から、三ヶ月連続で刊行する山田風太郎「時代短編選集」の一冊目です。

    図書館選書
    明治の御一新になっても、実際の歴史が断絶するのでも、人間が代わるものでもない。高野長英、河上彦斎、芹沢鴨ほか、時代の激動期に、自らの志を貫き、あるいは時代に翻弄されて生きた人物を鋭く描いた名作集。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山田 風太郎(ヤマダ フウタロウ)
    1922年、兵庫県生まれ。東京医科大学卒。46年『達磨峠の事件』で作家デビュー。49年に日本探偵作家クラブ賞、97年に菊池寛賞、2001年に日本ミステリー文学大賞を受賞。01年7月没

幕末妖人伝―時代短篇選集〈1〉(小学館文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:山田 風太郎(著)/日下 三蔵(編)
発行年月日:2013/02/11
ISBN-10:4094087982
ISBN-13:9784094087987
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:441ページ
縦:15cm
その他:からすがね検校,ヤマトフの逃亡,おれは不知火,首の座,東京南町奉行 他
他の小学館の書籍を探す

    小学館 幕末妖人伝―時代短篇選集〈1〉(小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!