東海・東南海・南海 巨大連動地震(集英社新書) [新書]
    • 東海・東南海・南海 巨大連動地震(集英社新書) [新書]

    • ¥79924ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日18:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001771135

東海・東南海・南海 巨大連動地震(集英社新書) [新書]

価格:¥799(税込)
ポイント:24ポイント(3%還元)(¥24相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日18:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日:2013/02/12
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 134622位

東海・東南海・南海 巨大連動地震(集英社新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日本列島、そして環太平洋地域が地震活動期に入った今、いつ次の大災害が発生してもおかしくない。とりわけ、東海・東南海・南海地震は今後数年~数十年のうちに襲来すると考えられており、さらにそれらが連動するケースでは、東日本大震災を凌駕する大惨事になると想定されている。本書は、関東、東海、近畿、四国、九州におよぶ広範な被害対象地域で発生する「最悪の事態」を、客観データをもとにリアルにシミュレーションし、「その日」への備えを喚起するものである。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 東海・東南海・南海地震とは(日本列島を襲う連動地震の脅威
    歴史の見直し
    四連動地震というリスク)
    第2章 日本水没の危機(東京都
    神奈川県
    静岡県 ほか)
    第3章 来たるべき未来に向けて(企業の再起
    各自治体の役割
    国家の役割)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    高嶋 哲夫(タカシマ テツオ)
    1949年岡山県生まれ。作家。慶應義塾大学工学部卒業、同大学院修士課程修了。94年、『メルトダウン』で第一回小説現代推理新人賞を受賞。99年、『イントゥルーダー』でサントリーミステリー大賞・読者賞をダブル受賞

東海・東南海・南海 巨大連動地震(集英社新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:高嶋 哲夫(著)
発行年月日:2013/02/20
ISBN-10:4087206793
ISBN-13:9784087206791
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:天文・地学
ページ数:216ページ
縦:18cm

    集英社 東海・東南海・南海 巨大連動地震(集英社新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!