なぜ環境保全はうまくいかないのか―現場から考える「順応的ガバナンス」の可能性 [単行本]
    • なぜ環境保全はうまくいかないのか―現場から考える「順応的ガバナンス」の可能性 [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年6月24日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001779864

なぜ環境保全はうまくいかないのか―現場から考える「順応的ガバナンス」の可能性 [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年6月24日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新泉社
販売開始日: 2013/02/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

なぜ環境保全はうまくいかないのか―現場から考える「順応的ガバナンス」の可能性 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「正しい」しくみにもとづき、よかれと思って進められる環境保全策。ところが、現実にはうまくいかないことが多いのはなぜだろうか?地域社会の多元的な価値観を大切にし、試行錯誤をくりかえしながら、柔軟に変化させていく順応的な協働の環境ガバナンスの可能性を探る。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    なぜ環境保全はうまくいかないのか―順応的ガバナンスの可能性
    1 環境保全政策の何が問題なのか?
    2 試行錯誤の現場から―多元性に満ちた地域社会のなかで
    3 地域社会の順応性と強靭さ
    4 順応的ガバナンスに向けて―相互作用のダイナミズムと持続可能性
    「ズレ」と「ずらし」の順応的ガバナンスへ―地域に根ざした環境保全のために
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    宮内 泰介(ミヤウチ タイスケ)
    1961年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。博士(社会学)。北海道大学大学院文学研究科教授。専門は環境社会学、地域社会学

なぜ環境保全はうまくいかないのか―現場から考える「順応的ガバナンス」の可能性 の商品スペック

商品仕様
出版社名:新泉社
著者名:宮内 泰介(編)
発行年月日:2013/03/10
ISBN-10:4787713019
ISBN-13:9784787713018
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:347ページ ※331,16P
縦:20cm
他の新泉社の書籍を探す

    新泉社 なぜ環境保全はうまくいかないのか―現場から考える「順応的ガバナンス」の可能性 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!