射殺されたガダルカナル日本兵捕虜―フェザーストン収容所事件を追う(新人物文庫) [文庫]

販売休止中です

    • 射殺されたガダルカナル日本兵捕虜―フェザーストン収容所事件を追う(新人物文庫) [文庫]

    • ¥78524ポイント(3%還元)
射殺されたガダルカナル日本兵捕虜―フェザーストン収容所事件を追う(新人物文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009001794334

射殺されたガダルカナル日本兵捕虜―フェザーストン収容所事件を追う(新人物文庫) [文庫]

価格:¥785(税込)
ポイント:24ポイント(3%還元)(¥24相当)
日本全国配達料金無料
出版社:新人物往来
販売開始日:2011/02/09
ご確認事項:返品不可

射殺されたガダルカナル日本兵捕虜―フェザーストン収容所事件を追う(新人物文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    太平洋戦争中の一九四三年(昭和十八)二月、ニュージーランドのフェザーストン捕虜収容所で事件は発生した。当時、ここには激戦の島ガダルカナルから送り込まれた約八百人の日本人捕虜がいたが、監視兵らの銃撃で四十八人が死亡。ニュージーランド政府は「暴動鎮圧のため、やむなく銃を使った」として事件を処理する。日本の敗戦とともに忘れられていたこの事件を知った著者は、元監視兵や関係者への取材をすすめる一方、公開されつつある公文書を手がかりに、事件に肉迫してゆく。その調査・取材の足取りとともに浮かびあがってくる意外な真相と、消えた遺骨の謎…。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 惨劇(事件の全容
    二つの報告
    収容所所長の不満 ほか)
    第2部 究明(安達元少尉の話
    惨劇への滑落
    作文された「暴動」 ほか)
    第3部 未来への遺産(戦時下の駆け引き
    戦争の犬たち
    結論への接近 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ニコライディ,マイク(ニコライディ,マイク/Nicolaidi,Mike)
    1938年生まれ。ニュージーランドのジャーナリスト。新聞記者として同国内外の政治・経済を主に担当。退職後、フェザーストン捕虜収容所の監視兵をしていた人の回顧録を手伝ううち、事件の調査に着手する

    鈴木 正徳(スズキ マサノリ)
    1949年、東京都生まれ。東京大学卒業後、共同通信社に入社。大阪経済部、静岡支局、外信部などを経て、93年から97年までシドニー支局長。2009年退職

射殺されたガダルカナル日本兵捕虜―フェザーストン収容所事件を追う(新人物文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:新人物往来社
著者名:マイク ニコライディ(著)/鈴木 正徳(訳)
発行年月日:2011/02/13
ISBN-10:4404039719
ISBN-13:9784404039712
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本歴史
ページ数:334ページ
縦:15cm

    新人物往来 射殺されたガダルカナル日本兵捕虜―フェザーストン収容所事件を追う(新人物文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!