ウィガン波止場への道(ちくま学芸文庫) [文庫]

販売休止中です

    • ウィガン波止場への道(ちくま学芸文庫) [文庫]

    • ¥1,04632ポイント(3%還元)
100000009001798130

ウィガン波止場への道(ちくま学芸文庫) [文庫]

価格:¥1,046(税込)
ポイント:32ポイント(3%還元)(¥32相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:筑摩書房
販売開始日:1996/07/10
ご確認事項:返品不可

ウィガン波止場への道(ちくま学芸文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    イングランド北部の炭鉱町ウィガン。1936年、オーウェルがこの労働者の町を訪れたとき、不景気と失業がひろがっていた。炭鉱夫たちと生活をともにしながらオーウェルは、彼らの顔貌を独特な身体感覚のもと丹念に書きとめていく。ここは、中産階級下層の彼の階級意識が決定的に試される場所となった。たとえば、「労働者階級には悪臭がする」。社会主義への支持を表明しながら、越えられない階級間の「ガラスの間仕切り」。彼はこの違和感を、あえて率直に表明する。声高に語られるドグマではなく、人間らしい生活、すでに中産階級からは失われてしまった生活様式への愛が、未来を考えるひとつの指標として提示される。20世紀ルポルタージュの嚆矢。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    ブルッカー夫妻の下宿屋
    炭鉱の奥深く
    炭鉱夫の生活実態
    住宅状況
    失業の本質
    失業者の生活実態
    工業地帯―北部対南部
    階級の対立
    階級意識の実態
    階級意識―本質と矛盾
    社会主義の問題点
    私の提案

ウィガン波止場への道(ちくま学芸文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:ジョージ オーウェル(著)/土屋 宏之(訳)/上野 勇(訳)
発行年月日:1996/07/10
ISBN-10:4480082816
ISBN-13:9784480082817
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:社会
ページ数:332ページ
縦:15cm
その他: 原書名: THE ROAD TO WIGAN PIER〈Orwell,George〉

    筑摩書房 ウィガン波止場への道(ちくま学芸文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!