犬の伊勢参り(平凡社新書) [新書]
    • 犬の伊勢参り(平凡社新書) [新書]

    • ¥88027ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月8日日曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001801891

犬の伊勢参り(平凡社新書) [新書]

価格:¥880(税込)
ポイント:27ポイント(3%還元)(¥27相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月8日日曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:平凡社
販売開始日:2013/03/18
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 72843位

犬の伊勢参り(平凡社新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    明和八年四月、犬が突如、単独で伊勢参りを始めた。以来、約百年にわたって、伊勢参りする犬の目撃談が数多く残されている。犬はなぜ伊勢参りを始めたのか。どのようにしてお参りし、国元へ帰ったのか?そしてなぜ明治になって、伊勢にむかうことをやめたのか?事実は小説より奇なり。ヒトとイヌの不思議な物語の謎を探る。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 犬が拝礼した
    第1章 「虚説」か「実説」か―明和八年、御蔭参り
    第2章 単独で伊勢参宮
    第3章 文政13年の御蔭参りと「不思議」の正体
    第4章 神宮と犬、千年の葛藤
    第5章 ぞくぞく犬の伊勢参り
    第6章 豚と牛の伊勢参り
    第7章 長旅をする犬たち
    終章 犬たちの文明開化
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    仁科 邦男(ニシナ クニオ)
    1948年東京生まれ。70年、早稲田大学政治経済学部卒業後、毎日新聞社入社。下関支局、西部本社報道部、『サンデー毎日』編集部、社会部、生活家庭部、運動部、地方部などを経て2001年、出版局長。05年から11年まで毎日映画社社長を務める。名もない犬たちが日本人の生活とどのように関わり、その生態がどのように変化してきたか、文献資料をもとに研究を続ける。07年より会員誌『動物文学』(動物文学会発行)に「犬の日本史」を連載中

犬の伊勢参り(平凡社新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:平凡社
著者名:仁科 邦男(著)
発行年月日:2013/03/15
ISBN-10:4582856756
ISBN-13:9784582856750
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:民族・風習
ページ数:255ページ
縦:18cm

    平凡社 犬の伊勢参り(平凡社新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!