忍者人別帳 2(小学館文庫 しB 19) [文庫]

販売休止中です

    • 忍者人別帳 2(小学館文庫 しB 19) [文庫]

    • ¥69121ポイント(3%還元)
100000009001810288

忍者人別帳 2(小学館文庫 しB 19) [文庫]

価格:¥691(税込)
ポイント:21ポイント(3%還元)(¥21相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:小学館
販売開始日:2000/02/16
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 687854位

忍者人別帳 2(小学館文庫 しB 19) [文庫] の 商品概要

  • 内容紹介

    ▼第1話/四ツ身の術▼第2話/二人小僧▼第3話/江戸屋主人長兵衛控え日誌より▼第4話/ある殺し屋の場合▼第5話/大上段絶命▼第6話/十蔵岩▼第7話/きのこ姫▼第8話/真剣白刃砕き▼第9話/くぐつ
    ●あらすじ/天正四年、不思議な術を使う柘植小四郎(つげこしろう)という男が、上杉謙信に会いたいと、その居城にやって来た。小四郎の術に興味を持った謙信は、彼を庭に入れ、術を見せるよう命令する。謙信の命令を受け、小四郎はとっておきの術を見せようとするが……(第1話)。▼ねずみ小僧として数々の盗みを働いてきた次郎吉だったが、病気の母親のために足を洗い、真面目に働こうとしていた。しかし、なかなかろくな仕事に就けず、次郎吉は盗みを働いてしまい、村人に捕らわれてしまう。生きる気力をなくした次郎吉は自殺しようとしたが、楓という女に助けられる。前科者の次郎吉に冷たい村人の中にあって、楓は次郎吉に思いを寄せていたのだ。それを聞いた次郎吉は、楓のためにもう一度真面目に働こうと決心する。しかし、村から逃げているときに「ねずみ小僧を追って江戸からやって来た」という男に会ってしまう……(第2話)。

    図書館選書
    昭和30年代の貸本ブームのなか、衝撃的に登場した白土三平の初期の異色作!

忍者人別帳 2(小学館文庫 しB 19) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:白土 三平(著)
発行年月日:2000/02
ISBN-10:4091920497
ISBN-13:9784091920492
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:コミック・劇画
ページ数:363ページ
縦:16cm

    小学館 忍者人別帳 2(小学館文庫 しB 19) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!