フィルムは生きている<1>(コミック文庫(青年)) [文庫]
    • フィルムは生きている<1>(コミック文庫(青年)) [文庫]

    • ¥47115ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年6月19日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001810378

フィルムは生きている<1>(コミック文庫(青年)) [文庫]

価格:¥471(税込)
ポイント:15ポイント(3%還元)(¥15相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年6月19日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 1998/10/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

フィルムは生きている<1>(コミック文庫(青年)) の 商品概要

  • 内容紹介

    ~このものがたりをマンガ映画にくるしみたたかいつづけている多くの若い人たちに贈る~(巻頭献辞より)●主な登場人物/宮本武蔵(マンガ映画製作を志す少年。空想癖あり)、佐々木小次郎(佐々木財閥の御曹司。武蔵と同じくマンガ映画製作を志す)●あらすじ/マンガ映画を作りたい宮本武蔵は、マンガ映画製作を手掛ける横川プロダクションを訪ねる。そこで武蔵は、マンガ製作に40年も身を捧げている壇末磨に「絵はうまいが、動きが死んでいる!」と叱られてしまう。納得のいかない武蔵ではあったが、“動く絵”を目指して、似顔絵描きのアルバイトに精を出す。ある日、武蔵は道ばたで不思議な少年に声をかけられる。自称日本一のマンガ家の彼は、武蔵に「似顔絵の勝負をしよう」と申し出る。さっそく受けて立った武蔵だが、あっさりとその少年に負けてしまった…。翌日、その少年が武蔵の家に転がり込んできた。彼の名は佐々木小次郎。聞けば小次郎も、マンガ映画を作りたいのだという。意気投合したふたりは、さっそくマンガ映画製作のための修業を始めるのだが…。

    図書館選書
    アニメ制作に情熱を燃やす2人の若者、天才肌の佐々木小次郎と努力家の宮本武蔵が、すべてを賭けて対決!!手塚自身の想いも重なる意欲作。

フィルムは生きている<1>(コミック文庫(青年)) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:手塚 治虫(著)
発行年月日:1998/10
ISBN-10:4091922651
ISBN-13:9784091922656
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:コミック・劇画
言語:日本語
ページ数:134ページ
縦:16cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 フィルムは生きている<1>(コミック文庫(青年)) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!