HOTEL 9(小学館文庫 いA 19) [文庫]
    • HOTEL 9(小学館文庫 いA 19) [文庫]

    • ¥63920ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001810455

HOTEL 9(小学館文庫 いA 19) [文庫]

価格:¥639(税込)
ポイント:20ポイント(3%還元)(¥20相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 1999/12/16
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

HOTEL 9(小学館文庫 いA 19) [文庫] の 商品概要

  • 内容紹介

    ▼第103話/ロスト&ファウンド▼第104話/カートン・ウォーク▼第105話/リフレッシュ▼第106話/メリッツ京都▼第107話/ミッション ▼第108話/プライバシー▼第109話/割り算(ディヴィジョン)▼第110話/ UG(アンデザイアラブルゲスト)▼第111話/バスボーイ▼第112話/シェフの聞き耳▼第113話/バッシング▼第114話/ノー・コール・プリーズ▼第115話/プラトンマン
    ●登場人物/赤川一平(プラトン・フロントマン)、東堂克生(プラトン・マネージャー)、松田利春(プラトン・フロントマン)、倉田裕美(プラトン・フロント係)
    ●あらすじ/プラトンの常連客で四角商事ニューヨーク支社長の田沼は、24時間体制で忙しく働いている。ある日プラトンを訪れた彼は、ゆっくり眠りたいので自分への電話を一切取り次がないうえに、泊まっていることも内緒にしてほしいとスタッフにお願いする。しかし赤川たちの予想をはるかに上回る数の電話が田沼あてにかかってきて…(第114話)。▼赤川の後輩・富田が、より待遇のよいフィルモア・ホテルに移るためプラトンを辞めると言い出した。そんな彼を少しも引き留めようとしない東堂に腹を立てた赤川は、思わず自分も辞めると宣言してしまう!(第115話)
    ●その他の登場人物/プラトン常連客・クロード(第106話)、プラトン常連客・中島(第106話)、ホテル・メリッツ・オーナーの息子・ルネ・メリッツ(第106話) 、富井銀行からの出向でプラトン経理担当常務・矢野(第114話)

    図書館選書
    ホテル-それはひとつの都市。巨大ホテル・プラトンを舞台に起こる事件と、さまざまな人びとが繰り広げる人間模様を巨匠が描く!!

HOTEL 9(小学館文庫 いA 19) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:石ノ森 章太郎(著)
発行年月日:1999/12
ISBN-10:4091923194
ISBN-13:9784091923196
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:コミック・劇画
ページ数:308ページ
縦:16cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 HOTEL 9(小学館文庫 いA 19) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!