茶の博物誌―茶樹と喫茶についての考察(講談社学術文庫) [文庫]

販売休止中です

    • 茶の博物誌―茶樹と喫茶についての考察(講談社学術文庫) [文庫]

    • ¥88027ポイント(3%還元)
100000009001824476

茶の博物誌―茶樹と喫茶についての考察(講談社学術文庫) [文庫]

価格:¥880(税込)
ポイント:27ポイント(3%還元)(¥27相当)
日本全国配達料金無料
出版社:講談社
販売開始日:2002/12/12
ご確認事項:返品不可

茶の博物誌―茶樹と喫茶についての考察(講談社学術文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「東洋のちっぽけな葉」が大英帝国を制覇した。一七世紀イギリスに上陸し、爆発的に広まった中国・日本発の奇妙な熱い飲み物。「毒か薬か」という大論争のさなか、著者レットサムは、茶の植物的特質、製法、紅茶・緑茶の種類、人体への影響などを、文献や実験・観察を通して丹念に調べぬく。一八世紀ヨーロッパ最高の茶論と評価された西欧茶研究の古典、全訳成る。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 茶樹の自然誌(茶の植物誌(綱と目)
    茶の異名
    茶の起源
    土壌と栽培
    茶摘み ほか)
    第2部 茶の医学誌(茶の医学的研究
    喫茶の人体への影響
    茶とハーブ
    茶と銅・砂糖・アヘン
    症例(刺激物質
    憂鬱症) ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    レットサム,ジョン・コークレイ(レットサム,ジョンコークレイ/Lettsom,John Coakley)
    1744‐1815。イギリスの医師、著述家。ロンドンで開業するかたわら、生涯にわたり茶に関心を持ち続けた

    滝口 明子(タキグチ アキコ)
    1957年生まれ。東京大学教養学科卒業後、同大学大学院博士課程中退。熊本大学文学部助教授を経て、現在、千葉大学・東京外国語大学・青山学院女子短期大学講師。専攻は英語英文学・比較文学・文化史

茶の博物誌―茶樹と喫茶についての考察(講談社学術文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:ジョン・コークレイ レットサム(著)/滝口 明子(訳)
発行年月日:2002/12/10
ISBN-10:4061595768
ISBN-13:9784061595767
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:民族・風習
ページ数:221ページ
縦:15cm
その他:原書第2版 原書名: THE NATURAL HISTORY OF THE TEA-TREE,WITH OBSERVATIONS ON THE MEDICAL QUALITIES OF TEA,AND ON THE EFFECTS OF TEA-DRINKING,2nd ed〈Lettsom,John Coakley〉

    講談社 茶の博物誌―茶樹と喫茶についての考察(講談社学術文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!