風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記(新潮文庫) [文庫]
    • 風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記(新潮文庫) [文庫]

    • ¥78124ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月29日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001825919

風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記(新潮文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥781(税込)
ポイント:24ポイント(3%還元)(¥24相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月29日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日: 2013/03/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記(新潮文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    王は人々の希望。だから会いに行く。景王陽子は街に下り、重税や苦役に喘ぐ民の暮らしを目の当たりにして、不甲斐なさに苦悶する。祥瓊は弑逆された父の非道を知って恥じ、自分と同じ年頃で王となった少女に会いに行く。鈴もまた、華軒に轢き殺された友の仇討ちを誓う―王が苦難から救ってくれると信じ、慶を目指すのだが、邂逅を果たす少女たちに安寧は訪れるのか。運命は如何に。
  • 出版社からのコメント

    陽子は、慶国の玉座に就きながら王の役割を果たせず苦悩していた。そして二人の少女もまた、それぞれの苦難を抱えていた。
  • 内容紹介

    王は人々の希望。だから会いにゆく。景王陽子は街に下り、重税や苦役に喘ぐ民の暮らしを初めて知り、己の不甲斐なさに苦悶した。一方、祥瓊は、父が弑逆(しいぎゃく)された真相を知らず過ごした自分を恥じ、同じ年頃の娘が王に就いた国を訪ねる。鈴もまた、華軒(くるま)に轢き殺された友の仇討ちを誓い、慶へ。だが邂逅(であい)を果たす少女たちの前には民を苦しめる豺虎(けだもの)の影が。──立ち向かう者に希望は訪れるのか。

風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記(新潮文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:小野 不由美(著)
発行年月日:2013/04/01
ISBN-10:4101240574
ISBN-13:9784101240572
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:400ページ
縦:16cm
横:11cm
厚さ:2cm
重量:223g
他の新潮社の書籍を探す

    新潮社 風の万里 黎明の空〈下〉―十二国記(新潮文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!