それでも戦争できない中国―中国共産党が恐れているもの [単行本]
    • それでも戦争できない中国―中国共産党が恐れているもの [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001827866

それでも戦争できない中国―中国共産党が恐れているもの [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:草思社
販売開始日: 2013/03/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

それでも戦争できない中国―中国共産党が恐れているもの の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「亡党亡国」に怯える中国の挑発に絶対に乗ってはならない―毛沢東いらいの党の行動原理を鋭く洞察した著者の“遺言”ともいうべき最後の「中国論」。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 「亡党亡国」の恐怖―ソ連はどうして崩壊したのか。中国共産党はそれから何を学んだのか
    2 「穏定」こそすべて―中国共産党指導部は戦争を仕掛けるのか。だれがそんなことを考えているのだろう
    3 毛沢東の猜疑心―どうして中国は朝鮮戦争に介入したのか。毛沢東の猜疑心が原因だった
    4 金門砲撃戦の虚構―「相手が福州、杭州などを攻撃してくれば、まことに面白い」と毛沢東は言った。その真意は
    5 総統選とミサイル演習―李登輝を落選させようとしたのではない。かれに戒厳令を布かせ、台湾が民主化するのを阻止しようとしたのだ
    6 つぎの統一戦線工作―尖閣諸島を利用して、台湾を「反日・親中」にする。中国が馬英九にやらせること
    7 「未富先老」の宿命―「穏定圧倒一切」を変える利益はどこにもない。人口統計学が予測していること
    8 百人のスーパーリッチ―第十七回党大会の真の勝者はだれだったのか。圧力団体の登場で、明日の中国は
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    鳥居 民(トリイ タミ)
    1928年東京生まれ。横浜に育つ。膨大な資料を渉猟し、徹底した調査、考察をもとに日本および中国近現代史を鋭く洞察した独自の史観を展開。2005年『産経新聞』正論メンバーに加わり、同紙「正論」欄で中国時評等に健筆をふるう。2013年1月逝去

それでも戦争できない中国―中国共産党が恐れているもの の商品スペック

商品仕様
出版社名:草思社
著者名:鳥居 民(著)
発行年月日:2013/04/05
ISBN-10:4794219709
ISBN-13:9784794219701
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:政治含む国防軍事
ページ数:222ページ
縦:20cm
他の草思社の書籍を探す

    草思社 それでも戦争できない中国―中国共産党が恐れているもの [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!