シューマン 全ピアノ作品の研究〈上〉 [単行本]
    • シューマン 全ピアノ作品の研究〈上〉 [単行本]

    • ¥4,620139ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年9月30日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001827951

シューマン 全ピアノ作品の研究〈上〉 [単行本]

価格:¥4,620(税込)
ポイント:139ポイント(3%還元)(¥139相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年9月30日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:音楽之友社
販売開始日: 2013/03/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

シューマン 全ピアノ作品の研究〈上〉 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    クララをはじめとする他者の作品の「引用」に込められたメッセージとは?作品の創作プロセスをたどり、作品相互の関連を見とおす近年ドイツなどで急速に進んだシューマン研究の成果を反映。
  • 目次

    第1部 シューマンとその時代



    第1章 フォアメルツ時代の社会とシューマン

      19世紀前期ドイツの社会階層と音楽

      初期ロマン主義の変質とウィーン体制

      1830年代のドイツ社会の変動と音楽

      ビーダーマイヤー文化とシューマン



    第2章 シューマンのピアノ音楽とその時代

      1830年代のピアノ音楽の創作と「新ロマン主義」

      1845年以降のピアノ作品の傾向



    第3章 ロマン主義とシューマンの音楽

      ロマン主義文学とシューマン

      アンビヴァレントな表現世界

      歴史主義と反歴史主義――シューマンと過去の音楽

      自然と音楽――シューマンにおける自然

      「ダヴィッド同盟」の思想――「俗物」と「英雄」の二元論



    第4章 音楽におけるレトリックの世界

      調と表現――調性格の理論

      「聴こえない音楽」

      シューマンにおける引用とその機能



    第5章 19世紀の歴史の中のシューマン

      シューマンの音楽語法の影響

      音楽批評家シューマンの聴いた同時代のピアノ音楽



    第6章 シューマンとピアノ練習曲

      19世紀における練習曲と「目的別練習曲」

      「目的別練習曲」で取り上げられた練習曲とシューマンの論評



    第2部 シューマンのピアノ作品の研究



    第1章 1830年代までのピアノ作品

      作品1以前の作品

      8つのポロネーズ Anh.G1

      アベッグ変奏曲 作品1

      パピヨン 作品2

      パガニーニのカプリスによる練習曲 作品3

      6つの間奏曲集 作品4

      クララ・ヴィークのロマンスによる即興曲集 作品5

      ダヴィッド同盟舞曲集 作品6

      トッカータ 作品7

      アレグロ 作品8

      謝肉祭――4つの音符による小さい情景 作品9       

      パガニーニのカプリスによる練習曲 作品10

      ピアノ・ソナタ第1番 作品11

  • 出版社からのコメント

    全2巻構成。第1巻は、第1部「シューマンとその時代」、第2部「ピアノ作品の研究(ピアノ・ソナタ第1番までを収録)」。
  • 内容紹介

    『レッスンの友』での5年間にわたる連載の単行本化。充実した内容のため、全2巻とした。第1巻は、第1部「シューマンとその時代」と、第2部のピアノ作品の解説(ピアノ・ソナタ第1番〈作品11〉までを収録)。シューマンの関連書は多いが、ピアノ作品の解説は少なく、全作品を解説する待望の一冊。シューマンは、ドイツ・ロマン派の文学、とりわけジャン・パウルやホフマン、アイヒェンドルフといった作家の小説に深く傾倒し、絶えず夢幻が広がっていく彼らの文学世界を音楽においても表現しようとした。シューマンの作品の難しさは、音符だけで作品を十分に解釈できない要素に起因している。たとえば文学的な要素だけではなく、さまざまな引用や彼の創造の中で飛来した種々の楽想が作品の中に取り込まれている。作品相互の関連や、クララや周囲の人物達とのエピソードなども興味深い。著者が10年の歳月を費やした渾身の研究成果をまとめたもの。

  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    西原 稔(ニシハラ ミノル)
    山形県生まれ。東京藝術大学大学院博士課程満期退学。現在、桐朋学園大学音楽学部教授・学部長。18、19世紀を主対象に音楽社会史や音楽思想史を専攻
  • 著者について

    西原 稔 (ニシハラ ミノル)
    1952年山形生まれ。現在、桐朋学園大学音楽学部長・教授。18,19世紀を主対象とする音楽社会史や音楽思想史を専攻。『音楽史ほんとうの話』『作曲家◎人と作品 ブラームス』『新編 音楽家の社会史』など著書多数。

シューマン 全ピアノ作品の研究〈上〉 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:音楽之友社
著者名:西原 稔(著)
発行年月日:2013/04/10
ISBN-10:4276143381
ISBN-13:9784276143388
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:音楽・舞踏
言語:日本語
ページ数:263ページ
縦:22cm
他の音楽之友社の書籍を探す

    音楽之友社 シューマン 全ピアノ作品の研究〈上〉 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!