極道が神を信じる時(幻冬舎アウトロー文庫) [文庫]

販売休止中です

    • 極道が神を信じる時(幻冬舎アウトロー文庫) [文庫]

    • ¥50231ポイント(6%還元)
100000009001833252

極道が神を信じる時(幻冬舎アウトロー文庫) [文庫]

価格:¥502(税込)
ポイント:31ポイント(6%還元)(¥31相当)
日本全国配達料金無料
出版社:幻冬舎
販売開始日: 1998/12/04
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

極道が神を信じる時(幻冬舎アウトロー文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    血なまぐさい抗争にまみれて生きる極道たち。非情な裏社会の組織のなかで、自分を見失いそうになるとき、彼らを支えるのは―。病い、仲間の裏切り、妻の信仰…などから「神」に出会い大きくヤクザ人生を変えた男たちの生きざま。密着取材で赤裸々に内情を捉えた、家田にしか書けない極道ノンフィクションの新作。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    「先祖が稼業を認めてくれている。だから自分は生かされている」―八年間、一日も休まず続けた心の修業
    「“寿命”があると思えば、怖いことはない。心配もない」―五十二歳で「ヤクザになる」決断
    「一杯の味噌汁を飲んだ瞬間、ありがたい、と思った」―殺人未遂で服役中に得た神の啓示
    「神はすべてに対して公平じゃなかった―」―原因不明の奇病に倒れ後遺症
    「ヤクザは人の道を守らなければならない」―夢に近づいた、生き仏との出会い
    「何かが守ってくれている。そう思うと自信が湧いた」―脳梗塞を克服した後の“霊”体験
    「一歩外へ出たらもう、自分しか信じられない」―薬物依存症から立ち直り、警察官の試験に合格したが…
    「桜の花が咲くように、ちゃんと咲く場所で、自分自身を開花させたい」―内面から変わりたくて、創価学会に入信
    「心が澄んでいれば、空がきれいに見える」―服役中、般若心経を写経し「色即是空」の意味を知る〔ほか〕

極道が神を信じる時(幻冬舎アウトロー文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:家田 荘子(著)
発行年月日:1998/12/25
ISBN-10:4877286675
ISBN-13:9784877286675
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:222ページ
縦:16cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 極道が神を信じる時(幻冬舎アウトロー文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!